いつまでも可愛いアラフォのいとうまい子さん。年齢49歳。毒舌で有名な有吉も「文句言いたかったけど、かわいすぎて言えない!」ほど。2chでも「神!」「今のアイドルよりも可愛い!」と騒がれています。このいつまでも超絶なかわいさを保つには、何か特別なことをやっているのでしょうか。

Sponsored Link


・デビュー
伊藤3

1982年ミスマガジンコンテストでグランプリを受賞したことで芸能界入り。
その後「不良少女とよばれて」で1984年に主演ドラマデビュー。
この当時の歌手に大沢逸美、森尾由美、松本明子、小林千絵、THE GOOD-BYE、岩井小百合、桑田靖子、原真祐美、小出広美などがおり、基準的に売れたアイドルが存在しなかったために「不作の83年組」と言われていました。

早稲田大学
以前、番組の企画で「短期間での東大合格」を目指したことがきっかけ。
その後の企画終了後も勉強を続け見事合格し、予防医学や医療,ロボットの研究をしているとのこと。

・結婚
「私の場合、結婚に対して夢や希望はなかった。」と語っていましたが、「この人とならお互い無理せずゆっくりのんびり温かい生活を築いていけると思った」と2009年に思いつき婚。
子供についても「作らないとかはない。恵まれたらいいですね」と妻から母へのステップアップも望んでいました。

・若さ秘訣
いとう
元々童顔でもあり若く人より若く見えるということは言わせていましたが、加えて笑うときに口角を上げて笑顔を作ることだそうです。
そうすることで、いつも前向きな明るい印象を他人に与えると。研究熱心な方です。

いとうまい子さんは、かわいらしいということでクローズアップされていますが、実は両親も『男勝り』と言うほど負けん気は人一倍強いようです。
若く保つことも、大学受験に合格することも普通の考えではできません。

やはり、他人には負けないという強い気持ちと若く見られるにはどうするかを裏では一生懸命頑張っている人だなと感じます。

自然体」でいることも視聴者からは好感度の高い部分ですので、この自然体と保ちつつ50、60となってもかわいくいてほしいです。

Sponsored Link