夏風邪や冷え性は体内の免疫が弱ってきていることから起こる症状。
それには「nk細胞」を高めることが最も効果的であることで近年注目されていますよね。
その予防と対策について4つのポイントでまとめていきます。

Sponsored Link

子供から大人まで当てはまることなどで是非ご参考にしてみてください。

nk細胞とは

ナチュラルキラー細胞(ナチュラルキラーさいぼう、NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要である。細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられた。形態的特徴から大形顆粒リンパ球と呼ばれることもある。Wikipediaより引用。

E4B8BBE6B2BBE58CBBE3818CE8A68BE381A4E3818BE3828BE8A8BAE79982E68980E885B8NKE7B4B0E8839E-20384

つまり、体内に入ってきた風邪の菌やガン細胞までをも倒してくれるスーパー細胞ということです。

激アツのランチパスポートをオススメする3つの理由

予防対策ポイント1

規則正しい生活を送ること。

これは、基本中の基本で最低でも睡眠時間は5時間は確保が望ましいということです。
サラリーマンの方や忙しい方はなかなか睡眠時間5時間をまとめて取ることは難しいかと
思いますが、こまめに休憩を取り仮眠を取っていくことも効果はあるそうです。

Sponsored Link
予防対策ポイント2

適度な運動をすること。

こちらも、1日に必ず決まった時間は歩くようにしたりとにかく体を少しでも動かして
代謝や血液の流れを活発にしておくことが大切。

心が揺さぶられるブラジルの絶景16選

予防対策ポイント3

笑うこと。

1日全く笑わない人と笑う人とでは、nk細胞の働きにかなりの差があるそうです。
笑う前と笑ったあとでは、nk細胞の計測で倍近い数値の差が出たほど。
なんでもいいから1日1回は笑うことを心がけましょう。

注目のピン芸人「あばれる君」とは!?

予防対策ポイント4

Rー1乳酸菌を摂取すること。

こちらは明治から「明治R-1ヨーグルト」も発売され継続して食べることで子供が
風邪を引きにくくなったとのこと。

まとめ

継続していくが大切であるということなので、規則正しく寝て、笑って、ヨーグルト食べて夏風邪や冷え性の予防対策をしていきましょう。
img_01 夏風邪・冷え性は厄介なものなので日頃から少しずつ心がけてR-1乳酸菌ヨーグルトをとることからはじめてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link