日本の数字の桁って最後の最後どんな読み方・数え方になるのか不思議ですよね。
1億や1兆のその先はどうなっているのか調べてみました。
そして、グーグルの社名の由来もこの「数字の桁」に繋がっていたことも判明!!

Sponsored Link

さっそく桁の一覧をまとめました。

一覧

一・十・百・千・万・十万・百万・千万
億(おく)→ 十億 → 百億 → 千億
兆(ちょう)→ 十兆 → 百兆 → 千兆
京(けい)→ 十京 → 百京 → 千京
垓(がい)→ 十垓 → 百垓 → 千垓
杼(じょ)→ 十杼 → 百杼 → 千杼
穣(じょう)→ 十穣 → 百穣 → 千穣
溝(こう)→ 十溝 → 百溝 → 千溝
澗(かん)→ 十澗 → 百澗 → 千澗
正(せい)→ 十正 → 百正 → 千正
載(さい)→ 十載 → 百載 → 千載
極(ごく)→ 十極 → 百極 → 千極
恒河沙(ごうがしゃ)→ 十恒河沙 → 百恒河沙 → 千恒河沙
阿僧祇(あそうぎ)→ 十阿僧祇 → 百阿僧祇 → 千阿僧祇
那由他(なゆた)→ 十那由他 → 百那由他 → 千那由他
不可思議(ふかしぎ)→ 十不可思議 → 百不可思議 → 千不可思議
無量大数(むりょうたいすう)

「魚がし日本一」まわらない寿司やに行ってみた!

となっています。
「京」の次くらいからはほぼ知らない言葉が続いています。
「阿僧祇」などについては10の何乗なのか議論が分かれているようです。

dzsd

Sponsored Link

そもそもこの数字の由来は何なのでしょうか?

数字の桁の由来は?

恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数は仏教に由来しているようです。

恒河沙➡ガンジス河のこと。ガンジス河の砂の数ほどという意味。
阿僧祇➡極めて巨大で数えきれないこと。
那由他➡那だけでも大きいことを表し、やはり、きわめて大きい数の意味。
不可思議➡「思い計る事ができない」という意味。
無量大数➡空間的に限られていない無限のこと。

渡辺謙主演の話題のドラマ白銀ジャック見逃せない!!

どれも、数字としての概念ではないんですね。
想像を超えています。

Googleとのつながりは?

日本語でも大きすぎる桁に名前があるのですから、当然英語でも同じです。
ミリオン、ビリオンと続き、テラ、ペタ・グルーチ・ ゴーゴロ(googol(10の100乗))
となっていきます。

ゴーゴロ(googol )はとてつもない天文学的な数字で「WEB上の膨大の量の情報」という意味で
つけようとしましたが、スペルミスがgoogleとなったようです。

まとめ

数字の想像を超える数字の読み方があり、そても興味深いですね。
「思い知ることができない」などそんあ数字をいつ使うんだという感じですね。
豆知識で使ってみてください!!

Sponsored Link