昨年、THE MANZAIでは惜しくも0票で初戦で敗退でしましたが、再度注目を浴びる機会となりましたね。
レイザーラモンHGさんは、ピンでの仕事でムートンブーツブランド「Luan」のモデル活動をしたり、雑誌表紙になったりと活躍の幅を広げています。そして、もう1つ新たな才能を出したのはです。
このマルチな才能で再ブレイクとなるか!

Sponsored Link


・漫才への挑戦
MANZAI

レイザーラモンというグループは、漫才師というイメージはみなさんないですよね?
本人たちも漫才へ挑戦することは考えていなかったと言ってました。
HGは、プロセスでの怪我もあった影響で、考える時間ができたことで再度お笑いに対する気持ちが湧き、チャレンジしようとRGさんとも話し決めたとのことです。

結果は0票でしたが、審査員のオール巨人「凄い勝負でした。漫才だけれども全部違うジャンルだった」と解説しながら、「レイザーラモンは“0票”だが、彼らは個人個人でやれる力がある。その方が楽なのに、あえてここに挑戦してきた。漫才のキャリアは2~3年なのにここまで来たのは凄い!」と彼らを評価していました。

・うますぎる絵
去年、2005年ごろから手掛けた絵6点と、テレビ番組の企画で描いたデッサン、等身大オブジェ1点の個展を開催。
絵は丸一日で描き上げたものや、1カ月かけたものなどもあり、ボケは一切ないと話していた通り本気で取り組んだようです。
レーザー

芸人をやっていてこういうかたちで個展が開けるとは思っていなかった。初めて息子に誇れるような仕事ができたかな」と家族愛を感じさせてくれました。

奥様も非常に綺麗なことや立ち上げたコスメブランド立ち上げ年収100万などといわれていたり、話題性十分。
今後のマルチな活躍期待したいです。

Sponsored Link