毎年9月1日は防災の日です。
防災の日を含む1週間を防災週間とされています。
地震等災害時の非常持ち出し品の用意をされていますか?

Sponsored Link

「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」wikipediaより引用。
各地で防災運動も活発に行われいます。
災害時に備えグッズの再確認です。

非常時の持ち出し品

1つ1つご確認してみてください。
008

LEDライト
(今は手動充電式等あって、ラジオが付いていたり、消費電力も少ない高性能のものがありますね)

飲料水
(長期保存水5年くらいもつとの事、500ml×4本。一人あたり2リットルくらいでしょうか)

非常食
(一人あたり3日分は用意しましょうという推奨があるようです。最近面白いものが販売されていますよね、後にご紹介)

簡易トイレ
(一人あたり3袋くらい、こちらも後にご紹介)

給水袋
(3リットルくらいのもの、大家族でしたら何個か用意するのがいいかもです)

水のいらないシャンプー
(災害時意外でも重宝していたりする)

ウェットペーパー
(お風呂に入れないときに身体を拭いたりする)

レジャーシート

レインコート

アルミブランケット
(冬は防寒、夏は断熱)

応急セット
(バンドエイド、脱脂綿、消毒液、包帯、マスク等)

布ガムテープ
(負傷時の止血等、様々な用途で使用でき便利です)

緊急連絡ノート
(意外に忘れがちですが、携帯電話が使えない時などのため前もって作成しておいた方が良いです)

軍手、サバイバルナイフ類(カッターとかでも)、他乾電池等(必要に応じて)

今どきの非常食

最近では色々な非常食が販売されていますよね。
水をいれるだけで食べられるご飯、味が豊富で、五目ごはん、えびピラフ、チキンライス、ドライカレー、ペペロンチーノまで!
おでんの缶詰や、温めなくてもおいしいレトルトカレーも。

以前、五目ごはんとわかめごはんを購入し、期限切れになる前に食べてみました。
お湯で作ればすぐ出来ておいしい。

Sponsored Link

災害時はお湯など用意できないかもと思い、水で作ったところ(1時間ほどかかる)
食べられないことはないかなという感じ!
缶詰パンもおいしかったですね。
illust

一人当たり3日分の食料+水を加えてつくる。
非常食の際は、飲料用以外の水の用意忘れないようにしてください!!

プチエコ情報

食器
大抵は非常食の容器が食器代わりになりますが、食器がないときの代用に
新聞紙でトレーやコップを作って内側にラップで簡単食器代わりにキャンプとかでもいかがですか?

トイレ事情
災害発生時、一番困るのは上下水道のストップですよね
袋型簡易トイレ以外に、いまどき、シート状のものがあるようです。

吸水ポリマー使用で、1枚で500mlほどの水分を固められるそうです。
50回分で3~4千円程度なら、(袋タイプは1枚200円程度なので)とはいえ、
小だけとは限らないのでやはり袋タイプも必要です。

緊急時簡易トイレがないとき!
そんな時、靴を買ったときの箱(もしくは代用できそうな箱)+スーパーのレジ袋で簡易トイレに
いざという時お試しください。

まとめ

他にも災害時の水関連アイテムとしてストロー浄水器というものがあります。
川や池の水も飲めるというものです。

使用機会のないことを祈りますね。
備えあれば憂いなし!です
一年に一度持ち出し品の再チェック、いかがですか?
期限が切れる前の非常食にも気付けますよ~!

Sponsored Link