毎年10月31日はハロウィンです!
子供たちにとってはお菓子がもらえる楽しい日ですね♪
子供とやるともっと盛り上がるジャック・オー・ランタンの作り方をご紹介~!

Sponsored Link

ハロウィンといえば、あのかぼちゃランタンの顔、お化けや魔女の仮装、子供たちがお菓子を近所にもらいに行くというもの。
その時に「トリック・オア・トリート!(いたずらかお菓子か)」とお菓子をもらいピンポーン♪
アメリカのイメージが強いですが最近では日本でもやっているんですね。


そもそもハロウィンって?

ハロウィンは、毎年10月31日に行われた古代ケルト人の祭りが起源。
ケルト人(中央アジアの草原からヨーロッパへ広がり、ブリテン諸島に渡来)にとって、1年の終わりは10月31日。
original この日の夜、死者の霊が家族を訪ねたり、他に悪魔や魔女が現れると信じられていました。
身を守るために仮面をかぶり、魔除けの焚き火をし農作物・動物の犠牲を捧げ、
このときの仮面がかぼちゃランタンのもとになりました。
その後魔女やお化けに扮した子どもたちが「ご馳走をくれなきゃイタズラするよ」と近所を訪ねる風習になりました。
※一部wikipedia引用

お菓子を貰えなかった時は報復のイタズラが許される!
因みにアメリカのティーンエイジャーは、お菓子を集めるより、
庭の木にトイレットペーパーをかけたり、家や車に卵を投げつけるイタズラをする事もあるようです。

東野圭吾のパラドックス13のネタバレまとめ

Sponsored Link

ランタンの作り方

まず用意するのがおばけかぼちゃ。(変な形のかぼちゃで大きいものから小さいものまでさ様々)
(日本では入手困難ですが最近はインターネットで販売されています。

彫刻をしますので、段ボールカッターや彫刻刀、小刀など と画びょうを用意。
(なまものですので、早くから彫刻をはじめると、傷んだりカビたりするので注意!)
original (1)

1.かぼちゃの頭を、自分のこぶしが入る大きさにくりぬく。

2.へらや彫刻刀などで中身を丁寧にきれいに取り除く

3.紙に顔をデザインする(ここで可笑しなテンプレート登場しても)

4.紙をくりぬきたい顔の位置にあわせてセロテープで固定

5.紙の上から、画びょうで絵のライン上を刺して印をつけていく

6.紙をはずし、刺した印通りにナイフ等でカットする

7.中にキャンドルを入れる

8.完成♪

水トちゃんの腿上げ超キュートなダイエット方法


まとめ

せっかくのお祭りです!!
今年のハロウィンは、こどもたちと一緒に手作りランタンで盛り上がってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link