実践!!炭水化物ダイエットの理想のメニューと朝昼夜の流れは!?


理想の食事とは腹八分目と言われていますが、いざ食べるのを辞めようとしても
なかなか手が止まらない事良くありますよね。
実際、美味しい物を前に出されて中途半端に満たされた状態なんて耐えられないものです。


ダイエット中は、朝3昼5夜2という感じの分量を目安とするとわかりやすいです。


朝はしっかり食べるのがいい?

朝からしっかり食べるという行動。これは体にとって良いことです。
朝食を抜いたりすると体のリズムが崩れ空腹時間が長いことで次の食事のときに
体内では脂肪を蓄えようとしてしまいます。

そのためにいいことは、「バナナ」を取り入れること。
朝バナナダイエットいうものがあるように、やはりとてもバランスの取れた食材です。

カロリーも1本あたり86キロカロリー。白飯のおよそ1/3です。
バナナにはブドウ糖、果糖、ショ糖など多種類の糖質が含まれています。
低カロリーではありますが、E(エネルギー)・ビタミンB2、なども含まれ、栄養バランス抜群の食事と言えます。


昼食は?

お昼は活動量も増えて消費エネルギーが高いのでお昼はお腹いっぱいに食べたいものですね。でも、炭水化物を抜いたダイエットをしている最中は何でも食べて良いわけではありません。

炭水化物を徹底的に抜くときはお昼ご飯を食べる前に炭酸水を500mℓ飲みます。
そしてその後食事。食べ過ぎてしまうことを抑止できます。

食事のメニューとしては、キャベツが良いです!
top キャベツを千切りにしておくと、いつでも食べれるので楽。
キャベツには、ビタミンCやUを多く含んでいるので抗がん作用もあります!

いくら食べても低カロリーですので、アレンジでマヨネーズを付けたり、濃厚なドレッシングも使ったりしていけばつづけていけます。
納豆やカレーなどかけるのもオススメです!!


夜食は?

ダイエット中の夜ご飯は、基本的に食べなくても良いぐらいの勢いでいますが食べる時はタンパク質を主に食べます。
夜は、タンパク質を摂の吸収が良いので質の良い筋肉が出来ると思います。
私が良く食べるのは、納豆とキムチを混ぜて豆腐の上に乗せて食べます。
images 納豆とキムチはとても相性が良くダイエット中なら進んで食べて欲しい組み合わせの食事メニューです。


まとめ

炭水化物ダイエット今も実践中で、お腹が空くとどうしても思い浮かぶのは白飯。
空腹感でガツガツいきたくなりますが、よく噛んで食べることや遅い時間に食べないなど基本的な部分を続けていけば効果はすぐ出るんだなと思いますね。
朝は「バナナ」昼は「キャベツ」夜は「豆腐」を取り入れると効果アリです!
まだまだ続けていけそうです♪

スポンサーリンク