炭水化物ダイエットの正しい方法での効果と豆腐使った簡単レシピ


炭水化物を抜くと考えずに制限すると考えた方が減量は成功するでしょう。
極端に炭水化物を抜いてしまうと、生活に支障をきたし体の機能も低下してしまいます。
風邪を引きやすくなり、イライラ、倦怠感などの症状です。


炭水化物(糖質)の制限としてお茶碗1杯食べていたのであればそれを半分にし、更に夕食ではその半分にする。
炭水化物を抜くとブドウ糖の摂取が出来なくなるので、その摂取をタンパク質と脂質で補うようにします。


タンパク質

タンパク質には、動物性と植物性の2種類に分けられます。
動物性タンパク質・・・(肉・魚・乳製品・卵など)
植物性タンパク質・・・(穀類・大豆類など)

images (2)

動物性タンパク質は、アミノ酸を効率よく摂取出来ます。
その反面、脂肪に変わりやすいので食べ過ぎると太る可能性があります。

一方で植物性タンパク質は、アミノ酸の摂取は少ない物の脂肪に代わりにくいのでダイエット中の食事には向いています。


豆腐簡単レシピ

ダイエット中、栄養バランスの良い大豆製品を積極的に摂ると効果的。
そこで冷蔵庫には必ず、豆腐を入れておくと便利!!

炭水化物ダイエットのリバウンドを抑える考え方

おかずからデザートまで豆腐で作ります。
暑い夏は豆腐アイスを作ります。
豆腐でアイスって作れるの?っておもいますよね!これが以外にも超―簡単なのです。

・<簡単レシピ>

1.ジップロックに木綿豆腐とイチゴジャムを入れ潰します。

2.そのまま冷凍庫へ→2~3時間後、固まっていればお皿に取り出し出来上がり。

3.お好みで上からイチゴソースをかけてお召し上がりください。
イチゴジャムの甘さが気になる方は、きな粉やグリーンティーなどをミックスさせても美味しいですよ♪


まとめ

ご家族にも肥満傾向の方がいれば炭水化物を全く食べないわけではなく、
量を制限し制限した分はタンパク質と脂質で補っていくことをオススメします。

心身共に健康となる効果が出てきますので自分のダイエットをきっかけに
ご家族の食生活を見直してみる甲斐はあるでしょう。
家族みんなで健康になりましょう!!

スポンサーリンク