子供の日、海の日、勤労感謝の日など日本には毎日●●の日というのがあります。
その中でも、「妻の日」というのがあるのをご存知でしょうか?
妻の日は12月3日のことを指します。
そもそもなぜ、妻の日は作られたのでしょうか?

Sponsored Link

妻の日は1995年に産声をあげました。
凸版印刷が印刷会社として、某クライアント企業から印刷の仕事を受け提案されましたことがきっかけ。
今では、日本記念日協会にも正式に登録をしている公式記念日です。


なぜ12月3日??

なぜ、12月3日か?
12月は1年の最後の月に1年の労をねぎらい妻に感謝する日という意味で、
12月は1年で最後の月と感謝つまりサンクスにかけて3日となりました。

中には、母の日もあるのになんで妻の日も作ったのという人もいますが、
母=妻でないので限られた対象になってしまいます。
逆に、母として見られる妻を女性として見てあげる1日と考えてもいいと思います。

o0229040012312729675 そして、いつも陰ながら家庭を支える妻の仕事をしっかりと理解してあげ、
それに対していつもありがとうという気持ちを表現する1日でもあります。

Sponsored Link

体にいい!!アマニ油を使った簡単な使い方と3つの効果


妻への感謝

旦那さんは、この日には恥ずかしくてもしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。
そして、恥ずかしてくてもプレゼントを用意してあげてはいかがでしょうか?それが、妻への労へのねぎらいになるのです。

妻の日は、夫婦の日や愛妻の日ほどまだ世の中に知られていないためにイベントなども開催はあまりされていません。
ですが、世の旦那さんはぜひ妻の日を大切にしてみてください。


まとめ

実際に、夫婦は一緒に時間を過ごせば過ごすほど、感謝の言葉は伝えづらくなります。
なので、こういう機会を大切にし、感謝の言葉を言い合えるような素敵な夫婦になる1日として過ごしてほしいと思います。

今年は12月3日前に妻の日があることを旦那さんに伝えてみて、12月3日も1年の中の大切な記念日として過ごしてくださいね♪

 

Sponsored Link