クリスマスは子供にサプライズ!大喜びさせて楽しくさせる方法

スポンサーリンク


子供が好きなイベントとして、クリスマスがあると思います。
私も子供の時は12月が来るとクリスマスが来る日を楽しみにしていたのを覚えています。
しかし、立場が親になるとその気持ちも変わってきます。


なぜかというと、今度は子供を喜ばせる立場になるからです。
小学生ごろまででしょうか、私はサンタさんの存在を信じていました。
もちろん周りの友達も信じていましたが、ある日突然サンタさんは親だったんだということを知りました。

クリスマスツリーの可愛いデコレーションのコツ オリジナル7つ 

そう、親は子供にサンタさんがいるということを信じさせるように色々と工夫しているのです。
ただ、毎年のようにやっていると案もなくなってきてしまいますよね。


子供が喜ぶサプライズ方法

・クリスマス当日の夜、玄関の外でプレゼントを置いて準備をし、
その後チャイムを鳴らしたら窓から家の中へダッシュ。
そして、子供と一緒に外に見に行くとプレゼントが置いてある。
image (2)

スポンサーリンク

・朝枕元にただプレゼントを置くのではなく、枕元にサンタさんからの挑戦状を置いておき、
朝から暗号を解きながらプレゼントを探す。

・大きな箱を用意しておき、プレゼントだけではなくサンタさんのバルーンも。
開けるとサンタさんと一緒にプレゼントがお目見えします。

・事前に、友人などと打ち合わせをしておきクリスマスの夜電話をかけてきてもらい、
サンタさんのふりをしてお話をしてもらう。プレゼントへの期待感を高める演出

・子供と一緒に、プレゼントを入れる靴下を手作り

・12月に入ったら、日めくりカレンダーで1日1日を楽しみにさせる。
カレンダーも毎日日付の部分をあけると小さいおもちゃが出てくるものなどがベスト。


まとめ

と、今年のクリスマスの参考になりましたでしょうか?

ちなみに、このサプライズはどれもしっかりと子供と一緒にクリスマスを待ち遠しく楽しみにする親が必要です。
もちろん、サンタさんが自分たちでもいるような気持ちでクリスマスを迎えましょうね。
また、子供を煽りすぎて寝てくれなくて結局朝までプレゼントを置けないなんてこともあるので、
子供を寝かせるようにすることも大切ですね。

スポンサーリンク