無事に出産をしかわいい我が子を抱き退院すると
色々とやらなければいけないことがあります。
届出類から新しい家族を迎えての生活などありますが、
その中でも出産後早めに行いたいのは出産内祝いの手配です。

Sponsored Link

出産内祝いとは、そもそも子供が生まれた喜びをこめて、親類縁者や友人、ご近所へ配るものでした。
自家のお祝い行事のひとつとして行うものだったので、内祝いと言います。

noshi_mame01_img02

ですが、近年出産内祝いというと、
出産祝いをもらた人にそのお返しとして贈るのが一般的です。
つまり、内祝い=出産祝いのお返しという認識になっています。


マナーは?

内祝いを返す時期としては、お宮参り(生後1か月)が正式なものです。
しかし、今は生後1か月以降に出産祝いをいただくこともあるのでそれは都度返すというのが今のマナーとなっています。

出産内祝いには必ず熨斗をつけます。
熨斗には、紅白の蝶結び(花結び)を使用し、水引の上に「内祝」下には子供の名前を書きます。
これには、生まれてきた子供の名前のお披露目という意味がありますので名前の読みが難しい場合は、
フリガナをつけるといいですよ。
地域によっては、命名札をつけることもありますが最近では省略したり、
内祝いにメッセージカードとしてつけたりすることもあるようです。

Sponsored Link

金額の相場は

内祝いの相場は、近年ではほとんど出産祝い返しなので今回はその場合で紹介します。
お返しの相場としては、もらったお祝い金額の大体2分の1から3分の1が世間相場です。
ですので、1万円を出産祝いとして貰ったら3000円から5000円となります。
ただ、これは世間一般的なものなので、
例えば親戚内や友人間で決まったものがあればそれに従って予算を決めることが大切です。

ちなみに、どんな商品を贈るのが喜ばれるかというものですが、
昔はおめでたいことなので紅白まんじゅうや砂糖など縁起物が定番でした。

しかし、近年は色々なカタログも存在し、贈る人ごとに贈り分けをすることもできます。
ただ、内祝いは貰う機会も多いので食料品やその他消耗品が喜ばれると思います。
また、最近商品によってはお菓子に子供の名前や写真がついてものも作れるようですが、
これは贈られた人にとって使いにくいと思う人も多いので、
名前や写真をしっかりと知らせたい場合はギフトにメッセージカードとして贈るのが喜ばれるポイントになります。

お歳暮のマナーは?


まとめ

なかなか、内祝いを考えるのは大変です。私も、非常に悩みました。
しかし、出産祝いをもってお祝いしてくれた人にお返しするのは
これからのお付き合いとしてもとっても大切なことなので、相手を思って素敵な内祝いを選んでみてください。

Sponsored Link