女性の体の悩みとして「むくみ」を挙げる人は多いのではないでしょうか?
特に、むくみに悩んでいるのは出産後の女性です。
では、なぜ産後のむくみに悩む女性が多いのでしょうか。

Sponsored Link

これは、出産するまでは羊水などで水分が体内に
ある程度ストックされていたものが出産により一気に体外に排出されます。
untitled

その為、その変化に体が対応しきれないことが原因と言われています。

なぜむくむのか?

妊娠中は体内に多くの栄養や水分を溜め込もうとする機能が働きます。
ですが、産後もその機能はすぐには失われずにそのまま蓄えようとします。
この余分を排出しきれないことがむくみにつながります。

更に、産後は赤ちゃんに母乳をあげるのでバランスが取れるのですが、
母乳があまり出ない場合では体の水分のバランスが過剰になりむくんでしまうのです。

そして、出産後にむくみやすい体質になってしまうと産後いくら経っても
むくみやすい体質は改善できずにむくみやすいままになってしまいます。

絶対にむくみやすい体質になりたくない!誰もがそう思うはずです。
私もそう思っていました。
そんな方のために、今回は出産後のむくみ対策をご紹介します。

Sponsored Link
対策

まずは、食生活です。
塩分が多いものは避け、塩分を控えた食事を心がけましょう。
利尿作用の効果が高い、すいかやきゅうなどを食べるのもおすすめです。
また、カリウムがむくみ解消を促すのでそれが多く含まれている、柿やリンゴなども効果的です。

そして、マッサージです。
ヨガやストレッチでもいいですが、まずはリンパの流れを良くすることが大切です。
足の場合は、足から膝、膝から腿というように下から上に流すようにマッサージしましょう。
顔の場合は、顔の内側から耳の付け根に流し、その後首筋を通して、鎖骨まで流していきます。
少し痛いくらいの力でマッサージをするのが、効果的です。

まとめ

実際に私は、母乳ではなく粉ミルクで育てました。
なので、体の水分量のバランスがとれなくなり最初の一か月かなり体にむくみました。
そうした場合は、子供の一か月健診の時に必ず病院の先生に相談することをおすすめします。

カリウムの入ったサプリメントを処方してもらい、かなりむくみが解消しました。
そして、その後もマッサージを毎日行うことで、少しずつですがむくまない体を手に入れることが出来ました。
むくむと鏡を見るのも嫌になってしまうし、何より体がつらいです。
出産後はそれ以外にも大変なことがあるので、ぜひむくみ解消法を実践してみて、むくみ知らずになってくださいね。

Sponsored Link