iPhone6とiPhone5Sとの違い!デザインとスペックは?


iPhone5sが発売されてだいぶ経ちました。
そんな中、iPhone6の発売が取り沙汰されています。
ではiPhone6はiPhone5sとの違いはどういったものなのでしょうか?


どんどん進化するiPhone。
iPhone6-6_m

アップル商品はどこまでいくんでしょうか!!


デザイン

まずデザインですが、角ばったものから丸みを帯びたデザインに変更され、更に薄くなっています。
また、液晶画面も大きくなり見やすくなっています。
液晶は、4,7インチと5,5インチの2サイズ発売。

ディスプレイにも、サファイアクリスタルというものが使用され、
ダイヤモンドの次に硬いといわれている鉱物です。
これまではレンズカバーのみに使われていましたが割れやすいという声も多くあったので、
液晶にもサファイアクリスタルが使われるといわれています。


スペック

また、スペックに関しては、まずiPhone5sのCPUはA7が使用されています。
これはiPhone5に搭載されていたA6の2倍です。
CPUとはつまり、処理スピードの速さです。
インターネットやアプリを起動するときのスピードが全然違うということです。

そして、新しいiPhone6はというとA8が搭載されるといわれており、
iPhone5sの更に倍の速度処理機能がついているということになります。
カメラの画素数は800万画素と変化はありませんが、光学手ブレ補正機能が搭載されているそうです。

以前までは、電子式の手ブレ補正がついており、
機会が自動でブレを検知して補正するのですが限界がある上に、強い揺れには全く効果がありません。
新しい光学式は、レンズ自体が動き、強い揺れにもある程度補正できるようになります。

また、防水機能も搭載。
iPhone以外のスマートフォンは防水機能を搭載したものも多く発売されています。
それに対抗すべく、ついにiPhoneも防水機能をつけています。


まとめ

まだまだ発売されて間もないですが、実際のユーザーの声も気になりますね!
ワイヤレス充電も搭載のようで進化は凄まじいですね。
今回のiPhoneは今までの弱点であった耐久性においてかなりの進化を遂げることが出来るのではないかと思います。

スポンサーリンク