待望の子供が生まれて、子供の寝顔を見れば癒されそして仕事頑張ろう、と思うパパも多いと思います。
しかし、子供が生まれた後子供の様子だけではなく実はママの様子も気にしてあげてほしいのです。

Sponsored Link

実は、ちょっとした些細なことが育児ノイローゼの兆候なんです。


育児ノイローゼ例

・無表情で、ぼんやりとしていることが多い
・元気がなく、話しかけても反応が鈍い
・目つきがうつろ
・パニック状態になりやすいく、思考能力の低下が見られる
・マイナス思考や悲観的な考え方になりやすい
・関心・意欲が低下している
・不眠症や睡眠障害がみられる
・注意力が散漫で物忘れが多い
・家の中にこもりがちになる
・過食または食欲が全然ない状態

どれかでも当てはまるものはないでしょうか?


どんな環境?

出産後ホルモンの働きが切り替わることで、いわゆる産後の鬱状態になってしまうことがあります。
体への影響だけではなく、心への影響力も高く、これが育児ノイローゼにつながるといわれています。

特に、育児の時に赤ちゃんと二人きりになる状態が多い人や、
性格が真面目で子供を育てる責任感から完璧さを求めてしまう人など
育児ノイローゼになりやすいといわれています。

また、家族のサポートもなく家事も育児もと生活に追われがちな人も
ストレスがたまっていくので育児ノイローゼになりがちです。

育児ノイローゼはママももちろんつらいことですが、
更に育児ノイローゼから子供への虐待をしてしまうママもいます。
これは、子供もつらいし虐待をしてしまうママもつらいことです。
では、育児ノイローゼにならないために出来ることはあるのでしょうか?

Sponsored Link

解消法

1.産後に休養する時間をつるく
産後のママは、体力的にも精神的にも消耗しています。ですので、産後1か月もし可能ならば3か月ぐらいは休養の期間をとるようにしましょう。
実際に、私も里帰り出産をして産後2か月は自分の母親のお世話になりながら生活をしたので、育児ノイローゼという状態はあまり感じませんでした。

2.わからないことは人に聞く
例えば、自分の母親や出産した病院の助産師さんなど子育ての知識が豊富な人を頼り、わからないことがあればそれを相談できる機会をつくりましょう。
日ごろからなんでも相談できるママ友という存在でもいいと思います。
とにかく、自分が抱える育児への不安などを話せる相手をつくることが大切です。

3.育児日記をつける
イライラや不安は、子育て中のママであれば誰もが体験すると思います。その原因の一つに変化のない単調な日々の繰り返しがあるとわれています。
しつけを繰り返すことの中に変化はないと思われますが、小さな変化の積み重ねが子供の成長につながります。ですので、育児記録として簡単なメモ程度でいいので、変化の様子がわかるようなものがあれば安心することができます。

95

4.鬱かもと思ったらすぐ病院へ行く
鬱かもしれないという症状があれば(上記に記したものです)、すぐに精神科または産婦人科に相談してみましょう。そして、ママは十分に休養をとり専門家の適切な指示に従って、パパやまわりの家族が協力することにより回復につながっていきます。


まとめ

最初のノイローゼの症状は些細なものかもしれませんが、これが気づかぬうちに取り返しのつかないことにならないようにパパはぜひ子供とのコミュニケーションだけではなくママとも話をする機会をたくさんつくり、日常の少しの変化に気づけるようにしてあげてくださいね。

Sponsored Link