これから冬を迎えると、女性の気になる悩みは肌の乾燥です。
朝保湿をしても、昼にはパリパリになるなんてことも少なくありません。
少しでも肌の保湿が長続きできるように、自分に合う化粧水を見つけるのってなかなか難しいですよね。
デパートに行っても、ドラッグストアに行っても何十種類もの化粧水があり、効果も様々。
美白・保湿・アンチエイジング・・・・どれを選んでいいかわからないし、毎日使うものだからそんなに高価なものは使えません。

Sponsored Link

そんな方に私は、手作り化粧水をおすすめしたいと思います。
簡単に作れる上に、かなり経済的そして効果的なので主婦の方必見です。


手作り化粧水レシピ

1.平子理沙さんおすすめの化粧水の作り方
精製水100ml 尿素小匙1/2 グリセリン小匙1

これを混ぜて、スプレーに入れるだけ。
スプレーも、100円均一で手に入れることが出来ます。

ちなみに私はこれを愛用していますが、肌質が変わりました。
かなり、肌がもちもちするようになり以前は乾燥肌でしたが乾燥することもなくなりました。
無添加なので、子供の保湿にも使えますし、髪に吹きかけて髪のぱさぱさ予防もしています。

guriserin2

2.肌トラブルを抑制するはちみつ化粧水
精製水100ml はちみつ10ml グリセリン10ml

作り方は、まずはちみつ全量と精製水10mlを蓋付きの瓶などにいれてよく混ぜます。
それをスプレー容器にいれかえ、残りの精製水とグリセリンを加え蓋をして混ぜ完成です。

保管は冷蔵庫で行い、2~3週間目安で使い切りましょう。
はちみつには、ビタミンB群やナイアシンが含まれ、それが肌トラブルと抑える働きがあります。吸水性と浸透性が高いというポイントもあるので、肌の内部にまで保湿します。

3.しみ・そばかす対策に美白化粧水
精製水80ml ビタミンC誘導体パウダー小匙1 グリセリン小匙1/2

Sponsored Link

全てを混ぜて、ボトルにいれて出来上がりです。保湿が足りない場合は、グリセリンを足して作ってもOKです。
ビタミンC誘導体パウダーが美白効果を持っているので、老化による肌の黒ずみやシミを防止してくれる効果があります。

107f84aeccf6571b154c48585195be2a_thumb

4.効果絶大の日本酒化粧水
精製水80ml 日本酒(純米酒)200ml グリセリン小匙1/2

これもただ混ぜるだけでOKです。日本酒の香りが残るので、朝よりは就寝前の使用がおすすめです。
日本酒は純米酒が一番効果が出るので、純米酒にしてください。
日本酒には、保湿、肌のたるみ、シミそばかす、アンチエイジングなど様々な美容成分が含まれています。
お正月の日本酒が余った、なんてことがあったらぜひお試しください。


注意点への第一歩

ポイントさえ押さえればかなり安価に化粧水を作ることができます。
ただ、手作りだからこその注意点もあります。

まず、肌に合わない場合はすぐに使用をやめること。
これは、市販品でも同じですが、手作りな分自己責任なのでその点は注意してください。

次に、こまめに作ること。
無添加な分保存料が入っていません。
ですので、作る際には1~3週間で使い切れる量をこまめに作ることが大切です。
また、使用する容器なども使い切る度に買い替えるまたはしっかりと消毒をしましょう。(煮沸またはエタノール)

以上2点を守れば、手作り化粧水はいいことばかりです。


まとめ

色々と自分の肌質とか意識しながら試していくといいんですね。
何より自分で手作りした化粧水で肌質が変わったら充実感をすごく感じることが出来るます。
ぜひ、一度試してみてくださいね。

Sponsored Link