子供が1歳の誕生日を迎えるともちろん盛大にお祝いをします。
最近では、1歳前の生後6か月にもお祝いしてあげるハーフバースデーが当たり前になってきました。
もちろん、私も息子が6か月の時にお祝いをしましたし、ママ友達も皆ハーフバースデーをお祝いします。

Sponsored Link

お店でも、ハーフバースデー用グッズが売っているのを見かけることもあります。
我が家がハーフバースデーにしたことは、壁にシールを張りバースデーの帽子を買ってきて家族で写真を撮ったり、お祝いレシピで祝いました。

子供はよくわかっていませんでしが、親としてはとても記念に残る1日になりました。
丁度ハーフバースデーだと、離乳食が始まったばかりの子が多いのでハーフバースデーの
お祝いディナーを作るのには苦労しました。
参考までに、私がハーフバースデーで作ったレシピを紹介します。


ワンワンとウータンのお粥

Eテレのいないいないばあという番組のキャラクターです。
お粥に青のりを混ぜたものでワンワンの耳の部分をそして白粥で顔を作りました。
目の部分をスライスチーズを使い、目や口は海苔を切って作りました。

cats

ウータンの顔はマッシュポテトで作り、耳の部分はゆでたニンジンを使って作りました。
目と口はワンワン同様にスライスチーズを海苔を使っています。
ほっぺの赤は、ケチャップで作りました。
周りの色取りとして、星形やハート形に切った野菜を散らしてあげるのがいいですよ。

Sponsored Link

ヨーグルトのフルーツ和え

ケーキ・・・はさすがに食べられないので、
ケーキ風ということで水切りヨーグルトに細かく刻んだフルーツ(イチゴ・バナナ)を混ぜます。
簡単なものではありますが、息子はいつもよりたくさん食べてくれたことをよく覚えています。


まとめ

また、世の中では有名な写真館でハーフバースデーをお祝いすることをお勧めしています。
自宅での写真だと衣装まで用意するというのはなかなか難しいので、
専用の衣装だったりアイテムだったりがある写真館は便利ともいえます。

写真館では、ハーフバースデー用のプランがあったり、写真のパンフレットにも当たり前のように載ったりしています。
ママ友でも、ハーフバースデーで写真館に行く人も多かったです。
写真館では、出産前・お宮参り・ハーフバースデー・1歳の誕生日までを1冊にまとめてくれる
サービスもあるのでぜひそういったプランを利用してみるのも一つかと思います。

何より、我が子がすくすく育っていくことは親にとってなにより嬉しいことです。
その成長の記録としてぜひハーフバースデーを盛大にお祝いしてあげてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link