THE MANZAI 2014の放送日も2014年12月14日(日)と決定しました。
これから本戦サーキットが始まり決勝に出場するワイルドカード枠も含め12組を争い
壮絶なお笑いバトルとなります。
その中で「ワイルドカード」枠とはなんなのか?
よくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
過去のTHE MANZAIのワイルドカードで決勝へと出場したコンビも併せてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

THE MANZAIは以前のM-1終了に伴い始まったお笑いの頂点を争い合う漫才コンテストです。2011年から始まり優勝コンビは
第1回:パンクブーブー
gnf0912220505001-p1

第2回:ハマカーン
champion

第3回:ウーマンラッシュアワー
2013-12-16-065831

と今や大物の貫禄を漂わせてきているコンビばかりです。


ワイルドカード枠とは

この3組はワイルドカード枠ではなく本戦サーキットで上位に入り勝ち抜いたコンビです。
が、このイベントを盛り上げるのに欠かせないのは、各グループでトップには入れなかったが閲覧者や口コミなどかなりの支持を集めてきているコンビ

それぞれのグループでは1位にはなれなかったけれども、2位や3位で他のグループにいっていれば1位だったのではないかというレベルのコンビがいるのです。
組み合わせが悪かったというやつですね。

それも実力のうちと切り捨てるのはもったいなさ過ぎますよね。
そこで出てきたのがM-1でもあったワイルドカード枠(M-1では「敗者復活戦」)

ワイルドカードとは?
追加の特別参加枠(制度)
のことです。
簡単に言ってしまえば「なんでもいい」というような意味になりますね。
カードゲームのUNOでのワイルドカードといえば何でも代用ができるスペシャルカードです。

Sponsored Link

M-1での時には、2003年当時無名であった「アンタッチャブル」さんがそのワイルドカード枠で
突如入り込み、決勝3組まで食い込みめちゃくちゃ盛り上げましたよね。
1m96kdno 次の2004年には優勝しています。

このワイルドカード枠は番組的にも盛り上げる意味で、視聴者や世間からは自分たちの見たいコンビを見れるかもしれないという期待感のため欠かせないスペシャル枠なのです。


過去のワイルドカード枠出場コンビは?

2011年:銀シャリ
20101222_2240912

<枠を争ったコンビ>
さらば青春の光・スーパーマラドーナ・スパローズ・東京ダイナマイト・トレンディエンジェル
南海キャンディーズ・2700・マヂカルラブリー・夕凪ロマネコンティ

・2012年:エルシャラカーニ
62

<枠を争ったコンビ>
チーモンチョーチュウ・エルシャラカーニ・囲碁将棋・エレファントジョン・ウエストランド
スパローズ・Hi-Hi・中川家・ロザン

・2013年:流れ星
1375938790_photo

<枠を争ったコンビ>
ジャルジャル・和牛・テンダラー・磁石・どきどきキャンプ・相席スタート・スパナペンチ
囲碁将棋

流れ星さんは今年は数多くのテレび番組出場し、今年も本戦サーキットで上位をとると期待が大きいですね。


まとめ

THE MANZAIは年末にある楽しみ番組の1つ。漫才のトップクラスのお笑いが楽しめてもっと盛り上げて頂きたいです。
2011年から続いて今年の出場者を見ても、今注目されている流れ星もですが、学天則・チーモンチョーチュウもいますので期待度大!!
今年の優勝はどこになるのでしょうか。

Sponsored Link