THE MANZAI2014で本戦サーキット最終日1位通過。
今年こそは優勝を狙っている磁石!!
2011年からTHE MANZAIの常連となり毎回涙をのんでいました。
でも、同期の「ハマカーン」が優勝した時には涙を流し喜んでいる姿が印象的で優しい一面が垣間見れました。
そんな心優しい磁石もスタッフから嫌われていることを明かし、今回で4年連続となる決勝進出に驚きを隠せない!!

Sponsored Link

オール巨人さんからも
「あんたらはやめたらアカン!!」
と豪語。
その言葉を信じ続けてきた漫才も少しずつメディアや舞台を通じファンに浸透し
hamakaan4_convert_20121221124921

今では根強い磁石ファンが急増してきているようです。

彼らがなぜめちゃくちゃ面白いのになかなか売れなかったのかいくつか噂はありますが
スタッフから嫌われていることと共通しているようですWww

それは彼らのボケの内容と空気を読まない時間配分!!
ファンは大好きだけど、スタッフや一部の視聴者からは大きな反感をかってしまうようですね。そんな内容含めてご紹介したいと思います。

総書記系男子

これは、THE MANZAIでのボケネタ。
それじゃ「北朝鮮だろ!!」というツッコミを入れましたが、なんだかウン!?って考えちゃう感じ。
この後アイムリーにニュースにも出てきたりして、驚いた方も多かったようですね。。

視聴者からは
「タイムリーなネタになってしまい、やはりちょっと微妙ですね」
とまさに微妙な心理を書いていました。

Sponsored Link
待たないブスはいなーい

こちらもTHE MANZAIでの2012年のネタ。
ボケ永沢さんがスクーターで人をはねたときにどうする?というネタで佐々木さんが被害者のおじいちゃんの役。
アタフタしながら、永沢さんが
「彼女が待っているんです。ブスだけどまだなんもしていなくてもったいないしょう?
ブスだけど待たせるワケにはいかないんです!!」

に対し、以外にも佐々木さんが
「ブスはまーーーーーつ!!!!!」
と言い、一瞬スタジオ空気が???という感じ。
笑っている人は多かったですが、そうゆう所で負けてしまったのかなって考えてしまいます。

視聴者からは
「ブスはTVのメイン視聴者じゃないですか!
ブスを出さなければ勝てたと思うんですが、あの場で審査員が磁石に投票できるわけがない!」
と厳しい意見も!

酔漫と言われるテレびでは放送できない漫才

こちらは企画でお酒に弱いボケの永沢さんが飲んだあとに漫才をやったらどうなるかという
ファンの間では伝説的な漫才コントライブ。

以外にも「永沢さんかわいい!」という声が多くいつも的確なボケをする反面ギャップがよかったんでしょうね!!

まとめ

磁石さんは、言い間違いネタやちょっと過激なボケからも熱烈なファンが多く全国的に有名になってほしくないっていう方も多いようです。
身近にいるちょっと変な奴という人が遠くにいってしまうのがイヤなんでしょうね。
今回のTHE MANZAIでは実力を100%以上発揮して同期のハマカーンに続いて優勝を手にして頂きたいです!!

Sponsored Link