子供がデブになる原因と生活習慣、親が作るオススメレシピ


最近、肥満の子供が増えているというニュースがよく取り上げられています。
子供の肥満は、生活習慣病なども引き起こすために子供の肥満は避けたいものです。
では、なぜ最近肥満の子供が増えてしまったのでしょうか?

まずは、子供の食生活を見直してみましょう。

食生活の原因

・間食でエネルギーを摂りすぎている
子供が食べるお菓子やスナックには砂糖や油が多く使われています。
小さくても、小さくなくてもひとつのエネルギーは大きいものになってしまいます。
また、砂糖と油の組み合わせはもっとも太りやすいのです。

・のどが渇いた時にジュース
ジュースには多くの糖分が含まれています。
水やお茶の代わりに、ジュースをかぶかぶ飲むことが肥満の原因になります。
牛乳も、カルシウムが含まれているので摂取するのはいいですが、飲みすぎると肥満につながります。

・味の濃いものが好き
味付けの濃いものが好きだったり、
野菜が好きでもマヨネーズやドレッシングをたっぷりかけたりすれば油分と塩分の摂りすぎになります。

・ながら食い
ながら食いはどのくらいの量を食べたかわからなくなり、それが肥満の原因になります。
食べた量がわからないとおのずと食べ過ぎになることが多いので、
結果カロリーオーバーになってしまいます。

などが、現代の子供の肥満と考えられています。
では、子供の肥満を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?
成長期なので、無理に食事を抜かせるのも心配になりますし、だからといって生野菜ばかり食べるとも思いません。

オススメレシピ

そんな子供たちへのおすすめヘルシーレシピをいくつかご紹介します。

☆ヘルシー豆腐ハンバーグ

材料:木綿豆腐1丁 ひじき200g にんじん(みじん切り)1/10本
ねぎ(みじん切り)1/2本 卵1個 パン粉大匙3 塩少々
水100㏄ お酢30㏄ 片栗粉大匙2 砂糖小匙1 醤油小匙1

1、豆腐をキッチンペーパーに包み、2分電子レンジでチンして水切りをしておく。

2、豆腐・ひじき・にんじん・ねぎ・卵・パン粉・塩をボールに入れてこねて成型すします。

3、水~醤油までを混ぜておきます。

4、フライパンに豆腐ハンバーグを入れ、中火で焼き目をつけて、弱火にして蓋をします。

5、ハンバーグが焼きあがったら皿に盛り付けておきます。

6、3の材料をフライパンに入れ弱火で加熱します。とろみがついたら5にかけて完成!
豆腐なのでとてもへるしーですし、和風餡が絡んでやさしい味に仕上がっています。

☆ヘルシー揚げないコロッケ

材料:じゃがいも4つ ひき肉200g 玉ねぎ1個 カレー粉適量 パン粉適量 バター適量

1、ジャガイモはレンジでチンしておき、やわらかいうちにつぶしておきます。

2、玉ねぎはみじんぎりにしておきます。

3、鍋にバターを入れて、玉ねぎが透明になったらひき肉をいれて火が通るまで炒めていきます。

4、1に3をいれて、さらにカレー粉を入れます。

5、好きな大きさに成型します。

6、フライパンにパン粉を入れて、きつね色になるまで炒めます。

7、5を6のフライパンにいれてころがし、パン粉をまんべんなくつくようにします。

8、クッキングシートのうえに、均一に並べて180℃のオーブンで15分焼いて出来上がりです。
ヘルシーだけど、子供が大好きなコロッケの完成です。油をほとんど使ってません。

まとめ

というように、子供が好きな料理も食材や調理法を工夫すればヘルシーに調理することが出来ます。
いつもより多少は物足りないかもしれませんが、おいしいレシピになっているのでしっかりと食べてくれると思います。
子供がたくさん食べてくれるのは親として嬉しいですが、肥満になれば将来の病気につながっています。
子供の食事には必ず親の責任がついてくるので、
子供の成長具合を見つめながら楽しい食事を送れるようにしていきましょうね。

スポンサーリンク