今年で4回目となるTHE MANZAI 2014。
ここで優勝した漫才師コンビは別格扱いとなり世間からは「面白い漫才師」ということで一目置かれる存在となりますね。
今年の出場者もワクワクするコンビばかりで期待が高まります!!
この優勝者が決まるには審査員たちの票を獲得する必要があり、やはり審査員にも好みが大きく分かれますのでそこもTHE MANZAIの見どころでもありますね。

Sponsored Link

以前、当番組の最高顧問を務めるビートたけしは
「審査員なんてバカ野郎で漫才も知らないやつが並んで…てめぇがやってみろこのやろう」
2034376_201402240518170001393201885c

と暴言をはいたこともあり、審査員の質についても相当な不満があるようです。

今までの審査員振り返り

2011年の審査員
西川きよし・秋元康・テリー伊藤・関根勤・大竹一樹・渡辺正行・木村祐一
天野ひろゆき・高須光聖

2012の審査員
西川きよし・秋元康・テリー伊藤・オール巨人・ラサール石井・大竹まこと・木村祐一
天野ひろゆき・鈴木おさむ

2013の審査員
西川きよし・秋元康・テリー伊藤・オール巨人・ラサール石井・大竹まこと・木村祐一
天野ひろゆき・高須光聖

という顔ぶれ。
審査員という立場である以上、視聴者からもある程度納得されるような方たちでなくてはなりません。
THE MANZAIであり、あくまでも「漫才」での頂上を決めなければならないはずですが審査員にはコント色の強い審査員が多いように思います。

漫才のスペシャリストと呼べるのは、西川きよしさんとオール巨人さんくらいですよね。
あとは、放送作家とコント出身者。

Sponsored Link
批評

たけしさんが不満を言うのもわかります。
が、ここで優勝する漫才コンビも世間から幅広く評価されるようなコンビでなくてはならないわけですので
秋元さんや高須さん、鈴木おさむさんは放送作家としての立場からの漫才の構成の面から
木村祐一さんや天野ひろゆきさんからのコントの面から
オール巨人さん、西川きよしさんからの正統派漫才の面から
51f75bc1

の総合評価を得てこそのナンバー1を獲得する必要があるのです。
それが世間から求められている一番面白いコンビで幅広く支持を得られるコンビなのではないでしょうか。

2011年パンクブーブー
2012年ハマカーン
2013年ウーマンラッシュアワー

と今では大物となりつつある漫才コンビです。
漫才も面白い且つバラエティ番組などでもアドリブのきくコンビ。
かつての審査員が選んだコンビは間違いなく総合的に面白いコンビに間違いありません。

まとめ

今年の審査員も
西川きよし・秋元康・テリー伊藤・オール巨人・ラサール石井・大竹まこと・木村祐一
天野ひろゆき・鈴木おさむ

という順当な今までと大きく変わらない審査員メンツと思われますが、最終的には正統派の漫才コンビが好まれ優勝してきています。
どの層からも支持を集められる「勢い」「正統派漫才」を持つコンビがどこになるのか非常に楽しみですね!!

Sponsored Link