子供も、生まれて半年もすると離乳食がはじまり小さいけれど歯も徐々に生えてきます。私の息子も今、1歳半ですが上下で8本ほど生えてきています。
食べられるものもどんどん増えてきて、もちろんおやつなんかも口にする機会も増えてきます。

Sponsored Link

そうすると気になるのが子供の虫歯。
大人ほど歯磨きも上手にできないので、ちゃんと磨けているか心配になります。
特に、乳歯は虫歯になりやすいといわれているので親の心配は尽きません。


虫歯原因

乳歯はが虫歯になりやすい原因はいくつかあります。

03

・歯と歯の間にできやすく、気づきにくい。

・乳歯の虫歯は、黒でなく白であることが多く気づきにくい。

・痛みが出にくいので、虫歯の進行に気づきにくい。

・乳歯はエナメル質が薄く、虫歯の進行が早い。

・乳歯は虫歯になると神経まですぐに進行してしまう。

などがあります。
口も小さく、痛みの感覚もまだそんなに敏感でない子供にとって虫歯になっても
気づきにくいことが虫歯になりやすい原因とも考えられます。

たまに、乳歯はいつか抜けるから虫歯になっても大丈夫と思っている人もいますが、
実は乳歯の虫歯が怖いのはその後生えてくる永久歯にも影響があるからです。

乳歯の虫歯を放置しすぎると、虫歯菌が乳歯の根の方に感染し、根の先に膿をつくります。それが、その下にある永久歯の成長を妨げることもあります。

また、虫歯により乳歯の歯並びが悪くなると、その後の永久歯の歯並びにも大きく影響してくるのです。

いつか生え変わる乳歯とはいえ、虫歯を予防したりしっかりと治療したりすることが、
その後の大事な永久歯の虫歯のなりやすいさや歯並びに関わってきます。

Sponsored Link

虫歯になったら、しっかり治療することが大切ですがもちろんそれ以前に予防出来たらいいですよね?


虫歯予防効果的なこと

子供の虫歯予防に、効果的なことはいくつかあります。

june01_a09

・だらだら食いはしない
1日3食の他におやつも含め、食事は1日5回までと目安にしましょう。
飲み物も食べると同じと考え、食事する以外はお茶か水が望ましいですね。

・甘いものをとりすぎない
虫歯菌の大好物が、ショ糖と呼ばれるもので砂糖に多く含まれています。
同じ甘いものでも、お菓子ではなくフルーツにするなど工夫しましょう。

・歯をしっかり磨く
ただ磨くだけではなく、ある程度コツも必要です。
上記にも書きましたが、たとえば歯と歯の間まで届くような磨き方または道具を使用して歯磨きを行うことが大切です。

・歯の質を強くする
やはり乳歯はエナメル質が薄いので、それを強くすることが虫歯予防につながります。
ですので、歯磨き粉にはフッ素加工が含まれているものなどを使用することがおすすめです。

・よく噛んで食べる
よく噛んで食べることが、唾液の分泌につながります。
唾液には、緩衝能と言って、酸性になった口内を忠誠にする効果があります。
口内を中性に戻すことによって、虫歯を予防できるのです。

・定期健診をうける
子供の虫歯は、一旦できてしまうと進行も早いです。できれば、3,4か月に一度は定期健診を受け、子供にも「虫歯を作らないという意識を高める」ということが大切です。

歯は、体の色々な部分にもつながっているといわれています。歯が健康であることから、全身の健康にもつながるのでぜひ大切なお子さんの歯を一緒に守ってあげましょう。

Sponsored Link