りんごダイエット、炭水化物抜きダイエット、
プチ断食ダイエットなど今は様々なダイエット方法が紹介されています。
その中でも、私が一番効果のあったダイエット方法をご紹介します。

それは骨盤矯正ダイエットです。

Sponsored Link

メディアでもよく取り上げられているので、耳にしたことがある人も多いと思います。
骨盤がゆがむことにより、下半身が太ったりむくんだり、または冷え性につながることもあります。

逆に、骨盤のゆがみを整えることでこれらの症状が解消してきます。

セルフチェック

まずは、自分の骨盤がゆがんでいるかセルフチェックしてみましょう。

両足を肩幅に広げて立ち、リラックスした状態で両手を広げます。
目を閉じ、人差し指を立てます。

目を閉じたまま、両手を顔の正面に持ってきて人差し指と人差し指を合わせます。

目を開けてみて、指がぴったりとついていれば体はゆがみがなく正常です。

しかし、右手が上になっていたら右肩と右骨盤があがっているゆがみがあります。

逆に、左手が上になっていたら、左肩と左骨盤が上がっているゆがみがあります。
右手を前に交差した場合は、右肩右骨盤が前にねじれており、左手を前に交差した場合は、左肩左骨盤が前にねじれています。

ゆがんでいることがわかったら、つぎはゆがみ解消エクササイズを紹介します。

ゆがみ解消エクササイズ

まずは普段の姿勢から変えていきましょう。
ポイントは脚の内側を意識することです。
まずは立つ姿勢をチェックしてみてください。

Sponsored Link

足先はどこを向いていますか?足先が内側を向いていると、外側にばかり筋肉がついて結果的にゆがみにつながってしまいます。

ですので、まずは立った姿勢の時に足先がまっすぐ前に向いていることが大切です。
また、同時にお尻にも力を入れることによって下腹部にも力が入ります。
これによって相乗効果で、普段の姿勢から骨盤のゆがみの改善につながります。

次に、寝る前に行うと効果的なエクササイズを紹介します。
まずは、脚を骨盤の幅に開き踏みしめ、膝を緩め骨盤を意識して大きく円を描くように左右30回行います。

次に、手は身体の横に置き両膝を立てて寝ます。
息を吸って吐きながら両膝が離れないように意識して脚を左右に倒します。
倒したら10秒キープします。これも左右10回行います。

寝たままの姿勢で、仰向けになり膝を抱えます。
この時に、膝とおでこがくっつくように意識します。背中全体を刺激するように転がります。これを20回行います。
簡単な動きなので、10~15分程度で完了します。

ぜひ、毎日繰り返し行いましょう。
生活すると少しずつ骨盤は歪んでくるものなので、それを毎日リセットすることが大切なのです。

まとめ

実際に、骨盤矯正ダイエットでモデルの梨花さんや元モーニング娘。の藤本美貴さん、
タレントの木下優樹菜さんなどが成功しています。

確かに、みなさん出産後にも関わらず、羨ましい体型を維持しているように見えていますがやはり影での努力は大切ですね。

ぜひ、毎日の意識から変わる骨盤矯正ダイエットに挑戦してみてくださいね。

Sponsored Link