ディズニー最新映画「ベイマックス」を見てきた感想、心に残った名言。あらすじやちょいネタバレも


アナ雪に続く名作と日本上映前からかなりの話題となっていた新作映画「ベイマックス」こちらも感動した~!という感想が数多くあがっていますね。

あらすじや登場人物などご紹介したいと思います。

 

ベイマックス名言

私は、ベイマックス。
あなたの心と身体を守ります。
ベイマックスもう大丈夫と言わないと離れられません。

めちゃめちゃ感動しました!

あらすじ

多くの科学者達が住む美しい街、サンフランソキョウ。
幼い頃、両親を無くし14歳の天才少年ヒロは唯一の理解者優しい兄タダシと共に
アンダーグラウンドのロボットファイト界を席巻する事に明け暮れていました。

そんなヒロは、才能の無駄使いをしていると兄タダシが指摘して修正。

タダシが通うサンフランソキョウ工科大学で、情熱や衝撃を受け同じ大学で科学を追求したいと思うように。
さまざまな試験をクリアし入学許可を得たが、会場が突然火の手が。。

兄が、、助けに行かなきゃ。。と。最後に、命を落としてしまうことに。

ショックのあまり数週間部屋に閉じこもりきり。
ある日、兄が大学で見せたロボットがヒロのSOSを感じ動き出し、心が変わっていく毎日が始まっていきます。

兄が大学で仲良くしていた仲間と共に兄の思いを伝えていく物語!

キャラ紹介

・ベイマックス
製作者 タダシ

人の心と身体を守るためのケアロボット。
性格 真面目で誠実、おせっかいなほど一途。
目の前に、傷を負った人をすぐケアする。
戦闘意欲はない。

・ヒロ
天才的、科学の才能を持つ14歳少年。
謎の爆発事故で、理解者タダシも失い心を閉ざしてしまうが形見のケアロボットを相棒に死の真相に迫ろうとする。

・キャス

ヒロとタダシの母親代わり。
カフェを経営しながら二人の面倒を見る。
少しセッカチなとこもあるが明るい性格。
タダシが亡くなった後ヒロを元気づけようと明るさ倍増で節する。

・タダシ

ヒロの兄、大学生。
謎の爆発で命を落とす。
ヒロのために応援できるよう、ケアロボットベイマックスを作りある使命を託した。

・ワサビ

緊急時でも几帳面。
レーザー誘致プラズマを研究。

・ゴーゴー

タフで運動神経抜群。
専門は電磁サスペンション。

・フレッド

好きが高じて怪獣の着ぐるみが手放せない。

・ハニーレモン

ハッピーでいつも前向き。
化学のエキスパート。

・ロバートキャラハン教授

・サンフランソキョウ工科大学の教授。
タダシの指導をしていた。
世界のロボット工学を愛する学者。

・アリステアクレイ

利益優先で地位を気付いた、会社のオーナー。
ヒロの才能に強い興味を抱く。

感想・まとめ

大学の仲間とベイマックスとヒロの間に、深い愛情が感じられ感動しまくりです!
特に、仲間と触れ合って行くうちに暖かさが感じられるヒロに変わっていく変化に感激!
ベイマックスもヒロのために、一生懸命なシーンもすごく見どころですよ!!

東野圭吾「パラドックス13」もオススメ!

ベイマックスの深い愛情と名言!かなりオススメの映画です♪

スポンサーリンク