バレンタインの片思いの彼氏へのラブレターの書き方!告白やベストな渡し方ポイントまとめ


2月14日のバレンタインデーは、女性から男性へ愛の告白をする日です。

なかなか告白が出来ない中、バレンタインデーという日を使って告白をする女子も結構多いのです。

 

最近は、スマホが普及しLINEで簡単に連絡を取り合えるような世の中になってしまったからこそ、 本気の告白って結構難しい時代にもなっているのです。

こんな時代だからこそ大好きな彼に、本気の気持ちを伝えるためにラブレターを書いてみませんか?

ラブレター書き方

手書きで書くラブレターには少なからず気持ちが入りますし、彼にもストレートに思いが伝わるものです。

ケータイで字を読むのとはわけが違います。 だからこそ、効果も絶大なのです。

 

 de04efe31af0aa2f7df6b37eb578bbb3_s-246x200

ラブレターもどういった書き方、渡し方がベストなのか考えていきましょう。

 

 

まずラブレターの内容について。

 

書き方は色々ありますが、 ラブレターを書く際に大切なのは“相手の気持ち”を考えたものであるということです。

 

 

例えば自分の気持ちだけをとにかく一方的に書くだけ書いたラブレターは、 嬉しいという気持ちよりも付き合った後大変そうだな、と連想させてしまいます。

 

 

ですが、相手のことを考えて書いたラブレターはそういった心配をさせないのです。

 

 

ポイント

としては 「相手が望むことを与える」 「付き合う場合の未来像をイメージさせる」 「受け入れやすい選択肢をつくっておく」 ということが相手のことを考えたラブレターといえます。

 

 

例文

○○くん はじめまして、私は○○の△△といいます。

突然のお手紙すみません、びっくりさせてしまいましたよね?

最近、営業のお仕事であちこち動き回っている姿をよく見かけます。

その頑張る姿を見て、とても素敵だなぁといつも思っていました。

○○くんをみているうちに、もっと○○クンとたくさん話をしたいな、と思うようになりました。 実は私、動物が好きなんです。

もしよければ、今後上野の動物公園に一緒に遊びに行ってくれませんか?

まずは○○くんと色々な話をしてみたいです。

そしてもしよければ、お付き合いしてください。

仕事の話を一緒にしたり、おでかけしたり、楽しく過ごしたいなって思っています。

まずは一緒に動物園にいってくれませんか?

もしOKだったら、下にあるメールアドレスに連絡ください。

・・・・・・・・・(メールアドレス) 素敵なお返事待っています。

△△ というような内容です。

 

まだ付き合うかどうか決めなくてもいいけど、 好きという気持ちはしっかり伝えた上でまずは一緒に出掛けてほしいという選択肢を与えているので、 相手も興味があれば出かけてくれる確率が高くなります。

vd

 

友チョコの話題も!! ⇒友チョコは何を作るべき?あげる理由って??

 

 

 

まとめ

一方的な気持ちだけではなくて、 付き合ったらこういうことができるというイメージも伝えているので、 付き合った時のイメージをさせることも出来るのです。

 

またポイントとしては、その場の返事ではなく、 ラブレターを読んで考えてもらった上でメールで返事が出来るという点も男性にとってはプレッシャーにならないのです。

 

これを手作りのチョコと一緒に渡せば、OKの返事がくる確率が高まります。

ぜひバレンタインに告白を考えている人は実践してみてくださいね。

スポンサーリンク