トッキュウジャー ゼットとライトの深まる関係は?キラキラを求める理由は?


列車戦隊トッキュウジャー の最終回に向けて、ゼットとライトとの関係は非常に気になる所です!

そして、キラキラを求めるワケとは何なのでしょうか?

 

闇の皇帝ゼットとは?

20140505225222

 

地下の影に潜む帝国『シャドーライン』。

 

 

闇の路線を拡大し、地上を闇に染めることで支配しようと目論む悪の組織。

闇の皇帝ゼットは、そのシャドーラインの最高権力者であり、ボスとなる存在。

 

第11駅にて青年の姿で初登場した。

 

一見、悪の親玉とは思えないような軽い振る舞いが多く、 当初は偶然出会ったトッキュウ一号のライトと意気投合しそうになったり、 地上の支配という組織の目的に執着がなかったりと、破天荒な面が多い反面、 トップとしての覇者っぷりや、冷酷な部分も存在し、読めない悪役といえます。

 

 

ですが、第45駅(話)では自らの存在が闇であることを再認識したように、地上へと進撃を開始。

 

トッキュウ一号ことライトとの関係は?

 

yjimage

実はトッキュウ1号のライトと一度本編前に邂逅しており、 その時、ライトに自身の闇を、自分は彼のもつイマジネーションの強い光を与えあうことに。

 

 

 

その影響で、ライトは黒のトッキュウ1号という闇の力をもった戦士と変身してしまい、 ゼットは心のどこかで光を求めるようになってしまうのだ。

「ゼットはライトだ」「ライトはゼットだ」

トッキュウジャー_第31駅-25

これは、ライトが初めて黒のトッキュウ1号になった後、彼に総裁が言った言葉であるが、 今後の二人の関係を示しており非常に意味深い。

 

 

ただ、ライトだけが特別な力のイマジネーションを持っていることを示唆するシーンがあるので、 彼でなければゼットに影響を与えられなかったのではと思えますね。

 

 

その上で、ゼットと共鳴していることを考えると、 何やらそれを狙った何かの思惑が動いているような気もし無くないですね。 (都合よく二人が邂逅したのも疑問なところである)

 

ヒーロー戦隊今までのヒロイン画像と共に振り返り!

 

ゼットが「キラキラ」を求めるのは?

issey_529271

上記で書いたように、過去に子供時のライトと邂逅したことにより、 彼のイマジネーションの持つ光に魅せられた為に、 ゼットは、その象徴となる「キラキラ」を求めるようになってしまいました。

(「キラキラ」は善とか正義とか道徳的なものでなく、 単純に生命そのもの放つ光のような表現のされかたをしている節があります)

 

 

それは敵味方問わず、あらゆるところからゼットは見出していました。

 

 

闇の化身であるようなゼットが光を求めるのは矛盾していますが、それは内側に光を内包してしまった証拠!

 

闇の力を手に入れたライト同様に、ゼットにも何かしら大きな変化が現れそうな予感がしなくもないですね。

 

 

 

まとめ

 

トッキュウジャー第45駅(話)の舞台となるロケ地についても毎回話題になっていますよね。

 

残すところ現在あと二駅となったトッキュウジャーですが、 第45駅にてライトが他四人のメンバーと別れた「昴ヶ浜駅」のロケ地は、 伊豆急行の伊豆北川(いずほっかわ)駅

888

第46駅と第47駅では一体ロケ地はどこなのでしょうか。非常に気になるところです。 ゼットはやはりライトと同一ということなのでしょうか。

 

それとも7号としてトッキュウジャーに加わったりという展開となっていくんでしょうか。

 

 

「キラキラ」を求めるゼットの結末が非常に気になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。 こちらの記事もいかがでしょうか?

ベストカップル、ヒカリとカグラの展開は?

スポンサーリンク