結婚や恋をするなら未年!!その縁起が良いと言われる理由ってなに!?


2015年は未年。 実はその干支によってもその年の意味あいが違っているって知ってましたか?

そもそも干支は、十干と十二支を組み合わせたものです。

十干においては「乙」、十二支は「未」なので、2015年は乙未となります。

 

十干とは?

 

10e

 

十干とは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・壬・癸の10種類のもので、 古代中国では10日を1旬と呼んでおり、10日の繰り返させる日にそれぞれ10種類を当てはめたのです。

 

 

十干はやがて陰陽五行説と結びつき、「木・火・土・金・水」の五行と「陰・陽」の「兄・弟」に分けたものに対応させるようになったのです。

 

 

「木」には甲と乙、「火」には丙と丁、「土」は戊と己、「金」は庚と辛、「水」は壬と癸。

前者が陽で後者が陰に部類されているのです。

 

 

また十二支とは、惑星で最も尊い星である木星が12年で天球を一周することから、天空の方角を12に分けて、それぞれの方角の記号として動物の名をつけたのが始まりのものです。

 

 

ちなみに十二支にも、十干同様に陰と陽があります。 子・寅・辰・申・午・戌は陰の仲間、丑・卯・巳・未・酉・亥は陽の仲間になっています。

 

 

すでにご紹介した通り、干支は十干と十二支を組み合わせたものなので、十干十二支は最初の「甲」と「子」」を組み合わせた、「甲子」から始まって、「癸亥」で終わる60種類があることになります。

 

 

なので、十干十二支は60年周期なのです。干支がひとまわりして同じ干支がめぐってくるのが「還暦」になるというわけですね。

 

 

未年が良いってゆう理由は?

 

omm05_c0082-s

 

 

今年2015年はその60年周期の中の「乙未」にあたるというわけなのです。

古来から羊は、群れをなるので家族安泰を表すとされています。

 

 

また、家族安泰というところから、いつまでも平和に暮らすことができるとも言われているのです。

 

 

古代中国の説分には「羊は祥なり」と書かれているので、羊と吉祥の祥の字が似ていることから、羊は縁起のいい動物といわれてきました。

 

 

また、「美」「善」などのいい意味をもつ漢字を並べた時にも、その字の中に「羊」が入っているというのも羊がいいものだといわれています。

 

 

さらに発展の要素も強いというのも、縁起がいいといわれる所以です。

 

 

 

まとめ

 

なので、未年は昨年までいまいちだったという人は運をつかみ取ることができる年になるかもしれませんよ!

 

ぜひ今年は「未」の縁起のいいパワーを信じて、色々なことに挑戦してみてください。 家族安泰という年でもあるので、結婚をするにもいい1年になりそうですよ。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

妻の日っていつ?由来は?

スポンサーリンク