1話でとてつもないかっこいいアクションを魅せてくれたアカニンジャー!

もちろん今回もトッキュウジャーのレッド同様押川善文さんがやっていると思いきや・・・アレ!?違う!?

ド派手なアクションを支えるスーツアクターさんについてご紹介していきます♪

Sponsored Link

アカニンジャーのスーツアクターさんは?

 

第一話が終り、そのド派手なアクションが好評であったが、肝心のアクターさんは誰なのだろうか。

 

一話序盤からいきなりキレのある動きを見せたアカニンジャーを演じられたのは、「藤井祐伍(ふじい ゆうご)」氏である。

 

1-560x315

 

※第一話は正しく最初からクライマックス。

 

 

一人で無双するアカニンジャーが見られるぞ!!

 

藤井さんは、今回の手裏剣戦隊ニンニンジャーが初のメインヒーロー役でのレギュラー出演ですが、 これまで数々のテレビドラマや特撮、映画に舞台で活躍されています。

 

 

特撮では『獣電戦隊キョウリュウジャー』のキョウリュウバイトレットのアクターを、 映画では『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』 でのオーズとメテオのアクター等、快挙にいとまがないくらい!

 

 

ニンニンジャーの劇中では非常にかっこいいアクションを魅せてくれ、今後も目を離すことができなさそうですよ~。

 

 

 

先代であるトッキュウジャーのレッドを担当されたアクターさんとは?

 

そのアクターさんの名前は「押川善文(おしかわ よしふみ)」と言う方で、2012年の『特命戦隊ゴーバスターズ』から、『獣電戦隊キョウリュウジャー』『烈車戦隊トッキュウジャー』までの三代に渡ってレッドのスーツアクターを担当されてました。

 

 

ヒーロー役で初めて出演されたのが、 『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーギルス役で、他にも数多くの特撮で主要キャラのアクターを務めておられた、 ほんとすごいお方!

 

20150206143537

Sponsored Link

 

※仮面ライダーギルス。その経緯から悲しき運命を背負う不遇なライダー。

 

 

これまで歴代でレッド役のアクターを演じており、 今回のニンニンジャーでも続投されるかと思われていましたが、2015年2月をもって引退を発表されています(:_;)

 

ちなみに、『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(デネブ役)が引退作。

 

ファンの中には引退を惜しむ声が多いですが、今回は藤井さんにバトンタッチする形となりました。

 

 

スーツの中の人にもやはり歴史というものがあり、それも踏まえて二重で楽しめるのが特撮の面白さの一つですね。

 

 

 

そもそもなんでヒーロー出演者とスーツアクターを別けるのか?

 

疑問でした。

そもそもスーツアクターと言うのは和製英語であって、その職業としての分類も日本独特のもの。

 

 

以前は表の演者とヒーロー変身後の演者は同じでしたが、アクションシーンは怪我を負うリスクが高く実際に役者さんが事故にあってその後の撮影が困難になったことがあった為、 そうした理由から、変身前と変身後で演者が分かれたそうな。

 

 

変身後のスーツならば、演者が変わっても代役が可能だが、顔出しされている変身前はそれができないから。 非常に合理的な理由だと思います。

 

 

 

まとめ

 

最近では俳優にイケメンや美女を起用がほんと多いですよね。

 

子供でなく親の層にまでターゲットにしている為、中と外を分けているというのもあるようです。

戦隊シリーズで若手俳優がよく起用されるのも、そのお陰というべきかな。

 

 

なんにしろ、スーツアクターさんは影の立役者として、非常に尊敬してしまう今日この頃。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

ニンニンジャーの合体ロボ!シロニンジャーの犬型オトモ忍の役割面白すぎる件

Sponsored Link