中村明日美子のBL漫画「同級生」のアニメ化で話題となった『A-1Pictures』。 これまでに数ある代表的なアニメ作品を制作してきたA-1Pictures(エーワン・ピクチャーズ)は、 いまでは業界大手と言ったところ。

親会社はアニプレックスで、設立されたのが2005年とまだそれほど時が経っているわけではなく 割りと新しいアニメーション製作会社。代表作品や作画はどんなものなのでしょうか?

Sponsored Link

A-1Picturesとは?

 

2006年に同業のアニメ製作会社である『ノーサイド』とアニメ「ぜんまいざむらい」を共同制作し、 2007年よりアニメ「おおきく振りかぶって」を自社単独での製作を開始しています。

 

 

ちなみに、作品の一つである「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)シリーズ」 で2011年から2014年にかけて数多くの賞を受賞したりしています。

7777

(出典 http://animeanime.jp/article/img/2015/02/28/22164/54926.html)

※2011年放送のアイドルマスター。

 

今年は姉妹作品と呼べる「アイドルマスター シンデレラガールズ」が放送されている最中。

 

 

製作会社としては、非常に同時期に多くのアニメを抱えていることで有名。

特に近年の抱えっぷりは半端ではなく、2015年の春新作アニメを6本ほど、去年にいたってはそれを越えた本数を製作しています。

 

 

ただ、中には共同制作なども多く、A-1Pictures単体で動いているものはほとんどないようです。 (まあ、多分だからこそこの本数を抱えられるのでしょう)

 

 

 

 

どんな作画? 誰もが知っている代表作は?

 

基本的には大きな特徴がないのが、この製作会社の特徴ではないかと思います。

そもそも、請け負っている作品の多くは共同であり、 シャフト、京アニ、ジブリ等といった特色がないと感じられます

(ただ、作品の中には共通の特徴をもったものも存在するので、担当しているチームごとにそういうものがあるのかもしれません)

 

 

 

あと、ごく最近の印象になってしまうが、溜めるところで溜めて、ここぞというところで作画解放するところがあるような気もしますね。

 

 

さて、著者が一番印象的なのは『PERSONA』のシリーズなのですが、 この作品は厳密にA-1Picturesが作ったわけでないものも混じっているので、何ともいえないか!

Sponsored Link

(あとは2010年アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』と『世紀末オカルト学院』ぐらい) 一般的な代表作は、やはり2011年の『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』でしょう。

※画像は劇場版のもの。

エンディングテーマの一つであるカバー曲(元はZONEが歌っています)「secret base 〜君がくれたもの〜」は有名。

 

 

他にはやはり上記した「アイドルマスター」シリーズも代表的といえるし、「ソードアート・オンライン」「かんなぎ」もある。

まあ、ぶっちゃけ他にも有名な作品はあるがキリがないですね。 (それだけ多くの作品を手がけてきたということでもあるんでしょう)

 

 

 

 

製作が発表された「同級生」PVの評判は?

 

A-1Picturesが作ることになったアニメ「同級生」は、中村明日美子先生の同名マンガが原作となっています。 (内容を簡単に言えばBL漫画)

20150315_005926_large_6888

(出典 http://373news.com/_news/oricon/kiji.php?id=2050006) 発表と同時にPVと主役のキャスト、製作スタッフなどが公表されています。

 

 

そんなPVの評判であるが、原作の雰囲気がよく再現されているということでその評価は高いようです。

 

押尾コータローさんの音楽も素晴らしいとの声も多く、幸先のいい出だしを迎えているのは間違いないでしょうね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか

中村明日美子先生のオススメ作品は?

Sponsored Link