ブラジル人だが、日本語で歌うダニエルさんというお方が話題となっています。

曲のタイトルは『嫁がゆるさへん』というテクノ演歌というもの。

どうやらブラジルの方では、すごく人気となっているものらしいのだがWww

Sponsored Link

youtubeでの再生回数が急激に伸びている彼の歌詞の魅力は?

 

テレビの世界まる見えで紹介され、

その後、独特な歌が反響を呼び、ダニエル氏本人が投稿したyoutubeの『嫁がゆるさへん』のPVの再生数もうなぎのぼり

 

 

 

どこか気の抜けたPVと独特のリズム、 そして奇妙な歌詞に、中毒となってしまう方が多いようですね!

ちなみに、これはブラジルで「Vou não, Quero não, Posso não」という原曲があり、 それをダニエルさんの日本人である奥さんが日本語に訳したものだとか。

4

動画はコチラ⇒https://www.youtube.com/watch?v=cD0k87gVZnw

※著者もPVを見てみたが、非常に異次元な空気。突っ込むところすらわからない有様。

そもそもテクノ演歌って何だ!?映像の水着女性は何だ。いや、だめだこういうのは突っ込んだら負けなのでねWw

 

 

 

 

なぜこんな活動しているのか?

 

そもそも何故日本語に、それも演歌調にした曲を歌っているのか。

奥さんが日本人だからその影響という可能性もあるが、定かではないです。

 

 

 

ダニエルさんは、肩書きとしてはシンガー、ダンサー、打楽器奏者、アートディレクターと音楽に関しては幅広くもっています。

 

 

 

スペイン語、ポルトガル語、英語での伝統的なバンドに始まり、現在では、「The Filho and Tecno Enka Band」のアートディレクターとしても活躍してるとか。

 

 

 

Sponsored Link

音楽活動の一つの可能性として、日本に何か光を見たのかもしれない。

(まあ、結果的にそれは成功だったといえる)

 

 

 

 

家族は?

 

上記もしたように、日本人の奥さんと、お子さんが二人おられるようです

 

ネット上の画像では微笑ましい感じの、ダニエルさんご家族の様子が確認できた。

 

 

 

 

日本での活躍は? 過去の出演テレビなどは?

 

これまで三回以上は日本へと来日されているダニエルさん。

NHK吉本新喜劇(大阪)に出演されたり、2010年度湖南市夏祭りや、京都、神戸で幾多のナイトクラブショーに出られているそうな。

 

 

 

ブラジルのTVでも出演されており(あちらのミュージックステーション的な番組)、『嫁がゆるさへん』は大反響となったらしい。

 

5

※世界まる見えに出演時の映像。格好はすごくラッパーっぽい。

 

 

 

 

視聴者の評判は?

 

癖になる。何度も繰り返して聴いてしまう、ツッコミどころが多すぎるなど、反響は大きいようです。

 

PVを見た著者的には、この奇妙な感覚は映画「死霊の盆踊り」を見たときに若干近いものがありました。

youtubeでは『嫁がゆるさへん』の他にもテクノ演歌の曲がいくつか公開されているので、そちらも聴いてみるといいかもしれませんね。

果たしてブレイクするかまでは、非常に未知数!!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか

篠原涼子のお笑い時代の完全放送事故級だった過去

Sponsored Link