ビニール傘を完全オリジナルに!!安くて簡単、可愛くオシャレに!


外出先で突然の雨。

仕方なくビニール傘を購入する、なんて状況にはよく遭遇することかもしれません。

ですが、緊急用ではなく、常時使う用のものとして、オリジナルのビニール傘が注目されてきています!!

デコレーションシールを貼ることで、お気に入りの傘に仕上がります!!

憂鬱な天気もこれで楽しく過ごせます♪

 

0405-1

 

オリジナルが流行っている? その理由は?

 

ちょっと前から、ビニール傘はどんなコーディネートにも割りと合わせやすいということで、高級ビニール傘が発売するほど、その存在は注目されてきました。

 

 

 

無色透明で、どんな色にも染まっていないところが、ビニール傘の魅力なのでしょうね。

 

 

 

アレンジもしやすいし、色で服装との相性を考える必要もなく、透明なので空の様子なんかが見やすい。

 

 

 

特に夜の雨中では、傘についた水滴が星空のようで綺麗!!

 

 

 

 

また、ビニール傘でもっとも多いのが、間違って誰かに使われてしまう。

 

 

 

 

個性がない分、どうしても間違われやすい。

 

 

 

 

でも、傘にデコレーションや、スタンプ、持ち手にカバーやマスキングテープを巻いたりしてオリジナルにすることで、間違いを防いでくれるし、すごくオシャレにもなる♪

 

 

 

 

一石二鳥ですね。

 

 

 

 

そんな諸々の理由が重なって、ビニール傘のオリジナル化が流行っています!!

 

 

 

 

 

デコシールや、マスキングシールなどの関連グッズは? その値段は?

 

・デコレーションシール その①

 

『エーワン カサデコシール 全6種』 価格:1シート 400~600円ほど

0405-2

 

これはラベルやシールを主に作っている「A-ONE(エーワン)」さんから発売しているビニール傘専用のデコシール。

 

 

 

密林(画材屋ドットコム)や、もろもろの小売店などで購入することが可能。

 

 

 

防水シールとなっているので、問題なく傘に貼り付けることができる。

 

 

 

 

・デコレーションシール その②

 

『3COINS 傘デコレーションステッカー 全5種』 価格:1シート、300円(税込み315円)

0405-3

 

こちらは、あのオール300yenでお馴染みの雑貨店「3COINS」の商品。

 

 

 

 

どのデザインもポップでキュートであり、なおかつお値段も手軽なのが特徴。

 

 

 

 

ただし、こちらは防水ではないので、傘の内側に貼らなくてはいけないタイプ

 

 

 

 

そこは注意!!

 

 

 

(3COINSは他にも、傘をデコる為のグッズがあるので気になる方はそちらもチェックしてみるといいかも)

 

0405-4

 

 ※傘用のマーカー件、テーブルのはじっこなどにぶら下げられるストッパー。

 

 

 

・デコレーションシール その③

 

『セリア 転写シール』 価格:1シート、100円(税込み105円)

0405-5 

今度は100均の雑貨店、「セリア」にて販売されている転写シール。

 

 

 

これはビニール傘というよりは、小物や雑貨などに使用するものですが、

 

 

 

傘の内側に貼ることでそちらのデコレーションにも使えます

 

 

 

専用ではないので、傘の内側に貼らないといけないが、こちらもすごくオシャレで、何より値段がお安い

 

 

 

 

・マスキングテープ その①

 

『mt マスキングテープ各種』 価格:各種150~1400円くらいまで。(商品によって値段が異なる)

 

0405-6 

 

マスキングテープの専門店として有名な「mt」では、実にたくさんのデザインテープが販売されています。

 

 

 

お値段もすごく手頃で、だいたいのマスキングテープが150円から300円台で入手できちゃう!!

 

 

 

 

オンラインショップでも、店舗でも両方で購入ができるので、ぜひとも一度覗いてみてほしい♪

 

 

 

 

マスキングテープはアナタのビニール傘の持ち手や、縁を彩ってくれるでしょう!!

 

 

 

 

なお、マスキングテープを貼る場合は、上から100均で買える透明なテープをさらに貼ってちゃんと防水対策をしておきましょう。

 

 

 

 

また、マステなどは100均などでも売っているので、気に入ったデザインがあればそちらを使用してもいいでしょうね♪

 

 

 

 

 

 

デコレーションをするコツやワンポイントは?

0405-7 

まずひとつめが、専用のシール以外でデコレーションするなら、まず傘の内側に貼るべし、ということでしょう。

 

 

そうしないと、防水じゃないシールは雨で剥がれてしまいます。

 

 

 

 

もし、内側でも水が気になるという方は、ラミネートシールを貼るという手もあります(ただ物によってはちょっと不恰好になるかも)。

 

0405-8

あとは、マスキングテープを持ち手に巻きつけたあとに、上から透明なテープでガードをしようということ。

 

 

 

もし持ち手が少し厚くなってしまうのが嫌であれば、貼らなくてもいいとは思います。

 

 

 

 

しかし、その場合は手汗などで剥がれてしまうのは仕方なしと覚悟しましょう。

 

 

 

 

あと、ぐるぐると全部繋げたまま一回で巻きつけると綺麗に巻けないので、一周ごとにテープを切って一巻きづつに分けて貼るといいですね。

 

 

 

 

何の色にも染まってない無色のビニール傘。

 

 

 

その可能性はどこまでも広がっています。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか

2015オススメ都内プール5選!ポイントと料金情報も!

スポンサーリンク