その独特の芸風と勢いとインパクトで話題になっている、ピン芸人の『永野』さん

今回、新番組である女子会トークバラエティの美女たちの日曜日に出演されたということですが、 一体どんな芸人さんなのか、ここでご紹介します!

常に奇妙なスマイルを浮かべ、芸暦の長さを感じさせる動きと勢いだWww

Sponsored Link

独特の芸風とは?

著者が永野さんを見たのはつい最近のこと。

111

 

番組は平日朝にやっているニュース番組でしたが、その強烈なキャラクターに朝からすごいものを放送するなと思った記憶が残りますWww

 

 

 

 

その時に披露していたのが、謎のBGMにあわせた激しい謎のダンスと、これまたオリジナルすぎる謎の歌。

 

 

 

 

「ラッセン」というネタなのだが、「ゴッホよりぃ~普通にぃ~ラッセンが好き~!」という謎の歌詞が印象的。

 

 

 

 

今話題となっているが、芸暦は18年とすでにベテランの範疇(:_;)

 

 

 

 

小島○しお等のリズム系、勢い系の芸人達を参考にして今の形を作り上げたのが2~3年前だといいます (それまでは違う芸風だったようです)

 

 

 

 

勢い任せにみえて、所々から考えねって作られているのだなという雰囲気が伝わってきます。

 

 

 

 

あとは、香水を自分にぶっかけ続けるという謎の行動。

 

 

 

江頭○:50に近い動きかもしれない。というか、同じ系統なのでしょう。

1212

 

 

Sponsored Link

※ネタ名は「ノリノリで香水をつける人」。

 

 

 

浴びるように香水を自分にぶっぱなしていくというもの。

 

 

シュールすぎるWww

 

 

 

 

他にも、「TSUTAYAのテーマソング」「富士山の頂上から2000匹のネコを放す人」など、ネタの数も幅広い。

 

 

 

 

 

 

ネット上の反応は?

有名なところでは俳優の斉藤工さんなどがハマっている芸人さんだとか。

 

 

 

 

そしてネット上の反応も受けがいいようで、

 

 

 

 

ツボに来る人はとことん面白いというコメントが!!

 

 

 

 

ただ、大ブレイクというわけでもなく、徐々に来ている感じ。

 

 

 

 

その独特のネタを真似して楽しんでいる方もけっこういます!

 

 

 

 

2014年に微かな火がつき、その年にブレイクかと言われていましたが、 現在もそのままの勢いでちょいブレイクという感じで進んでいます。

 

 

 

 

万人受けするわけではないですが、妙な面白さがあると、カルト芸人としての異名がつくほどWww

 

 

 

 

最後までお読み頂きどうもありがとうございました。

 

こちらの記事もいかがでしょうか?

ウーマン村本が売名目的の読モとガチバトルWww

Sponsored Link