アップルウォッチ(apple watch)人気ランキングとその理由をまとめてみた!使い勝手は?


ネットで散々に酷評を受けたりもしながら、蓋を開けてみたら予約が殺到したという「アップルウォッチ(Apple Watch)」。

各種特徴や価格なども交え今回はその理由と人気の機種ランキングを紹介していきたいと思います。

人気ランキングと本体価格と各種特徴は?

 

0415-4

 

アップルウォッチは全部で三機種発売予定となっています。

その中から予約で人気があったものを順位別にご紹介します。

 

人気一位機種『Apple Watch Sport』

0415-5

全10モデル 価格:42,800~48,800円(税別)まで。

 

やはりアップルウォッチの中では一番価格が低いこのSportが人気のようです。

機能面について他の機種と違いはなく、あくまで外装の違いとなります。

 

Sportは本体ケースにシルバーまたは、スペースグレイの酸化皮膜処理がされたアルミニウムを使用しており、液晶にはlon-Xという強化ガラスが使われています。

 

バンドはラバーのような(フルオロエラストマー製)、スポーツタイプのもの。 あと、他の二機種と違って30パーセントほど軽いのも特徴。

 

 

人気二位機種『Apple Watch』

0415-6

 全20モデル 価格66,800~132,800円(税別)まで。

次に人気だったのが、スタンダードモデルのWatch。

 

価格がSportに比べてけっこう高いものの、予約者の40%弱がこのWatchを予約されているようです(ネットなどの調査データによる)。

 

こちらはケースに鏡面仕上げのステンレススチールを採用しており、液晶にはサファイアクリスタルを使用しています。

(サファイアクリスタルといえば、そこにガラスがあるとは思えないほどの透過度に、薄傷すらつかないという高硬度のガラスです)

 

バンドは六種類に対応しており、三種類のレザーバンド、リングブレスレット、ミラネーゼループ、フルオロエラストマー製の中から選べるとのこと。

Sportはスポーツタイプだけのデザインだが、このスタンダードなWatchにはまた違う落ち着いたデザインが多いため、それが理由でこの機種を選ばれる方が多いとか。

特にバンドにレザーやミラネーゼループがあるのが要因のようです。

 

 

人気三位機種『Apple Watch Edition』

0415-7

(出典 http://www.apple.com/jp/) 全8モデル 価格1,280,000~2,180,000円(税別) まあ、三機種の中では高級モデルといえるEdition。

その価格の高さから予約率は一番低い。

 

ですが、外装は価格相応の作りとなっており、18Kのイエローゴールド、ローズゴールドの二種類のケースが選べます。

(尚、標準の金よりも最大で二倍硬くなるように開発された18Kだとか)

 

バンドも高級感バッチリで、モダンバックル、スポーツバンド、クラシックバンドの三種類から選ぶことが可能。

液晶は当然サファイアクリスタルを使用しています。

 

加えて、このEditionだけLightningケーブルとマグネット式充電ケースが付属するようです。

 

 

世間の反応や評判は?まとめ

予約がスタートする前には、腕時計としは充電時間の短さが致命的、防水ではないのが不便などの否定的な声が多かったですね。

使い勝手についても、簡単操作で機能も多いのでCMでやっている通りのものを期待できそう。

 

ですが、いざ予約が開始してみると、6時間で完売という驚くべき状況に。

 

また、各店で店頭での試着が行われており、それによって購入したくなったとされる方が増えているようです。

 

写真でみるのと、実際に触れるのとではやはり違うのだろうか。

腕時計としても実に良く出来ているという声もあり、賛否が分かれている状況といえるかもしれない。 発売は今月4月の25日。 一体当日はどうなるのか、またそれも注目していきたいところ。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらのVolte(ボルテ)のデメリット事例検証!もいかがでしょうか? 

スポンサーリンク