よく目の視界に何やら細長く白い物体や、黒い点のようなものが見えたりする、なんてことがあるでしょう。それが簡単に言えば飛蚊症である。

今回は身近だが、あまり知られていない飛蚊症についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

飛蚊症とは?

 

先にも述べたように、視界の中に白い糸や黒い点のようなものが映り込むことを言います。ですが、一つ言ってしまうと、これは病気とはあまり関係がないものなのです。

と言っても、中には別の病気の副産物として飛蚊症が現れることもあるので、けっして手放しで放置できるものでもないので注意!

 

 

飛蚊症はどんな風に見える?

04271 

 04272

 

 

 

原因は?

普通の飛蚊症は、目の一部である硝子体(しょうしたい)の中にある濁りが原因とされており、老化やストレスなどで症状が現れることが多いです。 勘違いされている方もいると思われますが、けっして目の中に入ったゴミや埃などが見えるというのは違います。

 

あくまで眼球内部に異常があるかということが重要。

また飛蚊症には二通りのパターンがあり、眼病が原因、生理的なものかでも違ってきます。

Sponsored Link

 

眼病ならば、やはり硝子体の変質が原因だし、生理的なものなら、近視の人が飛蚊症になりやすい。

04273 

 

 

 

予防策は?

生活習慣を正すことが予防となります。 寝不足や、目を使いすぎたりすると飛蚊症が起こりやすくなります。

老化にしても、目を酷使すればそれだけ硝子体の劣化も早くなります。 ストレス、紫外線を強く目に受けたり、ブルーライトも目に疲労を与えるので、目をいたわってあげるのが、一番の予防策なのです。

 

 

 

治す方法は?

生理的な飛蚊症には治療法はない(老化など)。 ですが、眼病が原因であれば、レーザー治療などが一般的。 (病的症状とは、網膜裂孔、網膜剥離のこと)

ただ、生理的か、病的な飛蚊症かは診断でしかわからないので、気になった方は眼科へ行ってみたほうが良いです。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか

バナナマン日村も絶賛した西麻布のミルクレープはこのお店

Sponsored Link