お笑い芸人コンビの「いつもここから」。早口でフレーズを言うという一世風靡をしましたよね。 最近になってSNSによってネタやコントの動画が話題となっています!

ですが、肝心の「いつもここから」は今どうしているのか。注目されているのはなぜでしょうか。

Sponsored Link

「悲しいとき~!!」が特に印象に残っていますが 05011

確かに何時の間にかテレビから見なくなった気が……。

二人のプロフィール

『山田一成(やまだ かずなり)』(向かって左)

生年月日:1972年1月31日

出身地は東京で、特技は音楽(ギター)と空手、趣味は昆虫採集。 国士舘大学法学部法律学科卒業。

『菊池秀規(きくち ひでのり)』(向かって右)

生年月日:1976年5月5日

出身地は岩手県で、趣味は音楽(歌、ギター)。 日本大学法学部経営法学学科卒業。 ・

 

来歴

1995年にバンドメンバー募集の最中に二人は出会い、突如としてお笑い芸人への道に目覚めることに。翌年の96年にコンビを結成。 地道なライブ活動で、TV番組への出演によって一躍注目される芸人コンビに。 ネタ本として「悲しいとき」が出版されており、65万部のベストセラー。

05012 

※悲しいとき~以外でも、特攻服姿でネタを叫ぶ「どけどけ」が受けていましたね。

 

 

消えてしまった理由とは?

ある時期からぱったりと主なテレビ番組から姿を消してしまったお二人。 ネットでは解散の噂も囁かれていましたが、そんなことはなく、現在でも芸人として活動を続けられているようです。

NHKの教育番組『ピタゴラスイッチ』内のコーナーにて、今でも出演しているし、コントライブなどにも出演されています。

Sponsored Link

なぜ急にテレビから消えてしまったのかは定かではないですが、やはり特徴的なフレーズとネタで一世風靡したことでの反動ということでしょうか。

 

 

最近ネタが少しずつ注目されてきている理由とは?

一番の影響はツイッターでのネタ動画の拡散。 その当時は面白さがわからなかったが、今になってその秀逸さがわかるようになったとされる方が多く、当時好きだったファンの再熱も手伝って、このように一気に注目されてきているようです。

ネタにも印象的なフレーズが多く、単純にリズムだけや雰囲気だけで構成されていないというところが、再熱の理由!!

 

 

今の活動内容は?

先も述べたように、ピタゴラスッチでは『アルゴリズム体操』のコーナーで出演中であり、コントライブにも参加されています。

今年の3月には日テレの情報バラエティ「ZIP!」のコーナーにも登場。 エンタの神様の特別スペシャルにも出演していました。 水面下で活動を続けているようですね。

 

 

まとめ

二人のツイッターやフェイスブックをお見かけしないので、珍しいことにSNSには手を出していないようですね。

確認できるのは、ファンの方のつぶやきだけ。

3月に行われたという、ライブもファンの方の報告によるものです。 05013 

ファンからの愛され方は変わらず。今回注目されてきたことにより、再ブレイクする可能性も大いにあります。

本の印税もそこそこあるようですが、また違ったネタでの登場に期待をしてしまいます。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

伝説の井森ダンスをホリプロが封印?水曜日ダウンタウンで明かされたその理由とは?

Sponsored Link