2015梅雨予想!梅雨入りと梅雨明け、中休みはいつ頃?(関東、関西地方)


毎年かならずやってくる梅雨、あまり嬉しくない季節。

さて、今年の梅雨は一体どういう入り方、明け方をするのでしょうか。 過去のデータを見て、予想を立ててみました。

注目記事

 

ビニール傘を完全オリジナル!安くて簡単可愛くオシャレにデコレーション

世界一〇〇な傘とは?

 

 

 

124470651327216416846_CIMG7431

今年の梅雨入りは?

一般的には、関東地区は、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京都、神奈川を指します。 関西は、大阪府、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山を指すとのこと。

 

今回は、関東と関西の予想を立ててみましょう。 ちなみに、去年の梅雨の雨量は平均的だった模様。 過去64年の梅雨入り日の統計を見てみると、 最も早いのが1963年の5月6日ごろ、 一番遅いのが1967年と2007年の6月22日でした。

梅雨

グラフをよくみると、ここ数年でも20日ほどの開きがあったりと、中々大きく変動しているのがわかります。

 

2014年の梅雨入りは6月5日その前は、6月10日ごろでした。 そのことから予想すると、大体6月4日から13日あたりではないかと推測できます。

 

また、関西の方は、去年が6月3日。 一昨年が5月27日となっているので、こちらは5月28日ごろから6月6日ごろと思われます。

 

こうして関東と関西を見ても、5日ほどの差が出ているのが驚きです。 やはり西と東では天気の具合というのは変わるもの。

 

 

 

梅雨明けは?

明けに関しても、関東は年々に梅雨明けが遅くなっているようで、入りが早く、明けが遅くなっているので、梅雨が長期化している傾向にあるようです。

 

そして、去年が7月6日、一昨年が7月21日の梅雨明けとなっており、 少し遅くなるとして、予想では7月15日から7月25日ごろかと考えることができます。

 

関西でも同様に梅雨明けが遅くなっている傾向にあるようで、こちらも長期化してきているようですね。

 

関西は去年、7月20日、一昨年は7月8日に梅雨明けしています。 そうなれば、7月15日ごろから7月26日あたりで明けるのではと予想できます。

梅雨2

明けに関しては、予想がどちらも違いがない感じですが、関西の方が梅雨が長くなるのではないかと思われます。

 

ですが、あくまでデータを使った予想なので、参考までにされたし。

 

 

 

中休み予想は?

中休みについては、予測することが中々に難しい問題。 一応、下記の天気ニュースサイトを参考にして考えてみます。

http://www.accuweather.com/ja/jp/tokyo/226396/june-weather/226396?monyr=6/1/2015

こちらの予報サイトでは、5月の18日から27日にかけてあまり空の具合が芳しくありません

ですが、5月31日と6月1日あたりはカラッと晴れるということ。

そして6月7日から10日ごろも概ね晴れるとの予報。

 

しかし、その後は天気が崩れっぱなしのようなので、なんとも言いがたしですね。 (ただし、上記の予報は東京のもの) 現状ではこれが予想できるだけのすべてでありますが、ゲリラ的に降る可能性も高いです。

 

常にその時々の空の具合を見るか、雨が降ることを前提とした対策を心がける必要があります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

2015の浴衣はモダンな古典柄!

スポンサーリンク