5月10日の夜9時から放送されるスペシャルドラマの「迷宮捜査」。 そのキャストや原作のネタバレなどとご紹介していきます。

Sponsored Link

注目記事

 

映画「渇き」オダギリ妻役派谷恵美とは?

映画「渇き」見てきた!ラストが超ウケる?

映画「渇き」ネタバレあらすじは?

 

 

あらすじ&ネタバレ

反町1

 

都内の静かな住宅街で、一家三人が惨殺されるという悲惨な事件が起こます。 現場に駆けつけた刑事「名波洋一郎(ななみ よういちろう)」は、唯一の生き残りである5歳の次男「長原耕次」を発見し保護。

 

過去に似たような境遇で家族を失った名波は、耕次のことを気にかけます。 その後、捜査本部が発足し、名波はコンビの香川と共に事件解決にのりだしますが、有力な情報は得られずに捜査は難航していました。

 

一年後、未だに事件の手がかりは得られませんでした。 ですが、その矢先に母子二人が惨殺される事件が発生してしまいます。

 

現場には一年前の一家三人殺人事件と同じ遺留品が残され、同一犯であることを示唆する証拠品が次々と発見されるのでした。

 

しかし、政治的な圧力により、合同捜査本部を立てないことを告げられ、名波は上司の鷹栖の娘と、今回殺された息子が知り合いだったことを知るのでしたが、妹である有希子を週刊記者が強請ろうとかぎまわっていることに気付き、その週刊記者と対峙することになるのですが――。

 

反町2

原作では、名波にとって妹の有希子は唯一の家族であり生き甲斐として描かれており、彼女を守る為ならどんなこともするという覚悟。

 

ドラマではどうなるのかわからないですが、二つの事件と、妹を守るという挟まれたように翻弄される名波が、果たしてその先に希望を掴むことができるのだろうかというところ。

 

ラスは 伏線に伏線。 色々な偶然が重なり、特別に登場した人物や出来事は伏線となっています。 伏線を敷きつつ、オチを悟られないところに勝算ありますね。 そして、最後の最後にもうひとオチ。 名波の最後の行動は不可解。 生き別れた妹有希子のオチにはとにかく驚愕。

 

 

ドラマのキャストは?

■『名波洋一郎(ななみ よういちろう)』 本作の主人公。警視庁捜査一課・殺人犯捜査三係刑事。

演者:「反町隆史(そりまち たかし)」

 

 

Sponsored Link

■『鷹栖誠司(たかす せいじ)』 警視庁捜査一課三係、通称“鷹軍団”の係長。名波の上司。

演者:「高橋克実(たかはし かつみ)」

 

■『香川崇(かがわ たかし)』 警視庁捜査一課三係の主任刑事。名波とコンビを組む。

演者:「八嶋智人(やしま のりと)」

 

■『樋口有希子(ひぐち ゆきこ)/中里美沙(なかざと みさ)』 名波の妹でピアニスト。3歳の時に樋口家へ引き取られ名波と離れ離れになります。

演者:「貫地谷しほり(かんじゃ しほり)」

 

 

 

 

・『鷹栖麻子(たかす・あさこ)』

演者:「夏菜(なつな)」

 

・『鷹栖亜矢子(たかす・あやこ)』

演者:「中村ゆり(なかむら・ゆり)」

 

・『九鬼祐太(くき・ゆうた)』

演者:「竜星 涼(りゅうせい・りょう)」

 

・『柿崎 功(かきざき・いさお)』

演者:「でんでん」

 

・『真壁繁樹(まかべ・しげき)』

演者:「大杉 漣(おおすぎ・れん)」

 

 

 

見どころ

豪華なキャスト陣に、人気作家による傑作ミステリーのドラマ化となれば、それだけで見どころとなるでしょう。 陰惨な過去を背負った、天涯孤独の主人公が、二つの謎の事件と引き離された唯一の家族との再会に翻弄されながらも、真実に向かって進んでいく様は息を呑まずにいられないはず。

 

戦慄の結末が待ち受けるということだが、ぜひとも放送までを震えて待ちましょう!

 

 

反町隆史の最近の出演作は? その感想など

 

さて、反町さんといえば、最近の出演作としてNHKドラマの「限界集落株式会社」に出演されたことが記憶に新しいですよね。

これは、辺境の集落の消滅を憂う老人達と、零細農家の父子、田舎に逃げてきた若者、かつての負け組みたちが立ち上がるという、地域活性化エンタテインメント。 反町さんの役柄は観光農園を営む男、大内正登役。

 反町3

 心にじんわりと染み渡るドラマであり、反町さん他、豪華な俳優陣も本当に深い演技をされていました。 すでに放送は終わってしまっていますが、ネット上でも評価が高い良作。

 

刑事ドラマは今回は初挑戦となる反町さんですが、一体どんな演技を魅せてくれるのか、非常に楽しみなところ!

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

亀梨和也主演「ジョーカーゲーム」見てきた感想

Sponsored Link