つい先日の記者会見にて、12月での任期満了での政界引退を宣言した橋下市長。 大阪都構想をめぐって色々と各方面と対立した橋下さんですが、引退後はどうするのでしょうか。

賛成派も反対派も世論は、「ここまでの影響力を持った政治家はいない、惜しい」という声が少なからず 感じられます。

弁護士に戻る橋下さんの今後の動きに注目が集まります!

Sponsored Link

 

橋下さんの元々の法律事務所の現在は?

橋下2

橋下さんの法律事務所は現在も特に変化もなく営業しています。 ですが、任期満了後はどうやら弁護士としてやっていくとの橋下さん。もう政界への復帰はないという。

ネット上での反応だと、またテレビ番組に出始めそうなどと囁かれています。

 

 

 

今回の都構想の市民の賛否両論の声

賛否に別れた、大阪都構想でしたが、その大半は年配の方による反対票だったといいます。

17日の住民投票では、賛成に対し、反対が1万741票差で多かったとのこと。

橋下3

 ・反対の声(一部の大阪市民による)

”橋下市長が市役所をなくすゆうから、それはうちらみたいな生活の厳しい弱者の味方と思とった。でも最近、テレビ見とったら、大阪市から大阪都になっても、うちらの生活がよくなるわけやないらしいな。なら別に大阪都にせんでもええんとちゃうか? なんか騙された気分やで……”

(参照サイト http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1431700380/)

 

どちらも60歳代の大阪市民の方の声。

※ただし、この意見はごく一部の特定の一般的ではない環境のもとにある人のみを対象とした聴取であり、あまりあてにならないという声もあります。

 

 

一方で、賛成の声も多かったというのも見逃せない。 票は僅差であることから、大阪市民のほとんどが都構想に反対だったわけではありません。

 

・今回の反対多数の結果に対する声。

”反対派の香ばしいメンツを見れば橋下徹に対するネガティブキャンペーンが本当に信憑性のあるものなのかわかるだろうに…”

”まるで小ギリシャだな…財政破綻待ったなし”

”やっぱ、年寄りが反対派を占めていたんだな…負けたのは橋下ではなく、お前ら若者かもしれんぞ”

(参照サイト http://news.mikimedia.net/entry/2015/05/18/063653)

 

 

少子化、若者の政治に対する無関心化など、なにやら最近になって影で問題となっているものが背景にある気もしなくはないですね。

 

Sponsored Link

さて、橋本さんの引退についても惜しまれる声が多いなか、次の市長はどんな政策をしていくのでしょうか。

 

 

 

今までの橋下さんの政策

大阪府知事として、橋下さんの政策は、『財政非常事態宣言』『大阪府暴力団排除条例の可決、成立』『情報公開政策』『同和政策』などがあります。

同和政策については、この件でごく一部の方から「部落の鬼っこ」と批判されたことも。 大阪市長となった後は、経費削減の為に、市長の退職院を廃止する、大阪市の特別職の報酬などを廃止するなどしました。

 

また大阪市役所の、役人天国と称されている組合のヤミ専従に対して注目、職員基本条例案を設け、色々と手をいれました。 また、治安対策として、民間警備員に夜間パトロールをさせるなども行っていました。

 

 

 

政界の法律顧問の仕事内容

引退表明の記者会見では、維新の党の法律顧問として雇ってもらえないかと江田代表に言ったらしいですが、明確な返事はもらってないとか。

政界の法律顧問とはどんな仕事なのか。

簡単に言うと、通常の法律顧問をもう少し規模を大きくして何倍も面倒にした感じでしょうか。

いずれにしても、政界に詳しくなければ勤まらないと思われるので、橋下さんとしてはそちらの方がやりやすいのかもしれないですね。

 

 

 

橋下さん、本当に次は政界に出ないのか?

橋下1

記者会見にて、もう政界へは戻らないとはっきり宣言。 橋下さんはこれまでも有言実行の方なので、よっぽどのことがない限り、この言葉の通りになる可能性は高いですね。

 

 最後に

今回の大阪都構想「賛成多数を取れなかったのは、自分の説明不足。ありがとうございました!」と とても歯切れの良い終焉。

このまま終わっていいのか非常に疑問が残ります。 堀江貴文さんも 「最後のあの記者会見はスゴイ。彼のあとに出てくる勇気のある人は多分いない」と存在感の大きさを 語られていました。

 

今度は、ご意見番として多くの番組に引っ張りだこになる橋下さん。 本当に維新の会の顧問になるのかなど注目が集まります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

ルミネtheよしもとを見てきた、芸人の後ろ姿にめちゃくちゃ感動した件

Sponsored Link