東京湾花火大会2015!!打ち上げ数や日程、厳選穴場スポットは?


東京三大花火大会の一つである『東京湾大花火大会』。 2015年の今年はどんな艶やかな花火が見えるのか楽しみなところ(^^)/

2020年の東京オリンピックの影響で次回からは花火の会場が確保できなくなるのだと言われ、 今年が見納めになってしまうとか。

日程&アクセス

東京湾1

・日程 2015年8月8日

 

・時間 19:00~20:20

毎年8月の第二土曜日に開催されています。 天気によって延期となれば、翌日に変更される。 (※それ以上の延期はなしとのこと)

 

 

・場所 東京都中央区晴海、東京港晴海ふ頭沖、海上及び晴海ふ頭公園。

 

・アクセス

1、都営大江戸線「勝どき」駅から徒歩で10分ほど。

2、東京メトロ有楽町線「豊洲」「月島」駅から徒歩で20分ほど。

東京湾2

・打ち上げ玉数

約12,000発(予定)

 

・無料席(予定)

晴海主会場(約50,000人) 晴海第二会場(約30,000人) どちらも入場整理券があるのでご注意。

 

・有料席(予定)

晴海個人協賛会場(約5000人)1口7000円 日の出会場(約3150人)1口7000円 豊洲第一会場(約4000人)1口5000円

 

 

 

穴場スポット

その1 『おだいばビーチ』


大きな地図で見る

レインボーブリッジを挟んで花火を見ることになるこのスポット。 落ち着いたビーチの雰囲気が花火とマッチします。

でも、毎年混むようなので、早めに場所を確保するのがいいです!

 

その2 『辰巳桜橋』


大きな地図で見る

東京メトロ有楽町線「辰巳」駅からすぐ。 花火からちょっと距離があるものの、車が通らない橋なので落ち着いて花火観覧することができます。

 

その3 『有明スポーツセンター展望台』
大きな地図で見る

東京臨海新交通臨海線「国際展示場正門」「有明」駅から徒歩数分。 超穴場ポイントということ。 落ち着いて花火の様子を眺めることができます!!

 

その4 『ウエストパークブリッジ』
大きな地図で見る

東京臨海新交通臨海線「台場」駅から徒歩数分である。 自由の女神像あたりは混雑するそうですが、比較的にのんびりと花火を楽しめます。

 

その5 『品川(埠頭周辺)』
大きな地図で見る

りんかい線「天王州アイル」駅から徒歩で16分ほど。 こちらも少し花火地点からは離れてしまうが、それだけに落ち着いて花火観覧ができます。 (※一部立ち入り禁止区域があるというので注意)

 

 

 

有料スポットは?

『アクアシティ』

食事をしながらテラスで楽しめる場所。 料金は18,000円~20,000円

『屋形船』

一人30,000円と少し高いが、お酒を飲みながら風流に観覧ができます。

『水上バス』

大人料金は20,000円。 屋形船とはまた違った雰囲気で水の上から花火を楽しめるでしょう !

東京湾3

 

 

 

 レストランは?

『クィーンズバスリゾート』

アクアシティ内にあるリゾートを感じられるハワイアンレストラン。

東京湾4 

場所:アクアシティお台場6階

営業時間:平日11:00~15:30 18:00~23:00 土日祝11:00~23:00

 

 

 

入場整理券抽選(2015年)の内容は?

東京湾大華火の公式会場(晴海主会場)では無料で観覧できる席が用意されています。 ですが、それには当然ながら入場整理券を手に入れる必要。

肝心の入手方法は、公式サイトからの応募か、ハガキでの応募による抽選となっています。 ただ、いまのところ公式サイトでは募集をしているような気配はありません。

(中央区公式サイト http://www.city.chuo.lg.jp/

 

去年は6月中旬あたりから募集を開始していたので、恐らくはそのころだと思われます。こまめに要チェックですね!!

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もいかがでしょうか?

2015オススメの浴衣はモダンな古典柄!?小物も取り入れて雰囲気一新!

スポンサーリンク