2015土用丑の日とはいつ?うなぎ以外に何食べる?由来や夏バテ防止簡単レシピ!


コンビニなどでは、恵方巻と並べて商売イベントの一つである「土用丑の日」。 その由来や日にち、うなぎ以外に食べる物は何でしょうか。

何気なく「土用丑の日=ウナギだけでしょ?」と、ご認識されている方も多いのではないでしょうか。

その素朴な疑問を解決できたらと、書かせて頂きました♪ 簡単なレシピも最後ご紹介していきます。

年間の丑の日、その由来は?

土用1

毎年一般的には夏に訪れる『土用丑の日』ですが、2015年は7月24日と8月5日。 なんと今年は二回もあるんです。 (昨年は一回でした)

 

しかし、土用丑の日は夏だけではなく、春、秋、冬にも存在します

まず、土用丑の日とは何なのでしょうか。 簡単にいいますと、『土用』とは節分や彼岸と同じように日本の暦の中の一つ

 

もっと詳しく言いますと、『四立(立春、立夏、立秋、立冬)』の前の約18日間のこと。 もともとは中国の五行説からきているそうな。 そして丑の日とは、日付にあてはまった十二支からきています。

 

つまり、土用(立秋)の期間中にある『丑』が当てはまった日が、「土用丑の日」となります。 では、どうして他の季節にもある土用丑の日にはうなぎを食べないのでしょうか。 それはどうやら、旬の過ぎたウナギを販促するためのキャンペーンのようなものだったのです。

 

発案はあの『平賀源内』。うなぎ屋に相談され、そのような張り紙をだしたところ、うなぎがバカ売れしたのだとか。 本来ウナギは冬が旬で、夏はあまり売れなかったといいます。 その風習が現代に残ったという説が有力のようです。

ぢ用2 

ただ、最近のスーパーやコンビニでは、夏ではない土用丑の日にうなぎを売ろうという傾向が強くなってきているようです。

 

 

 

うなぎ以外に食べるものは?

また、土用丑の日に食べたほうが言いというものは他にもあります。 もともとは、夏の厳しい暑さを耐え凌ぐために、丑の日の「う」という字に関連した食べ物を食べて精力をつけようというものでした。

 

■『梅干』

これは夏バテ防止には代表的な食べ物。

 

■『うどん』

そうめんとならんで、夏にはよく冷やしで食べるものの代表。

 

■『瓜(うり ※今で言うキュウリ、スイカ、カボチャ、冬瓜など)』

こちらも夏には定番といえる果実、野菜。

 

■『土用餅』

 

これは名前そのまま、夏の土用に食べるあんころ餅のことをいうようです。

 

■土用しじみ

こちらは昔から土用の蜆は腹の薬などといわれていたようで、「う」の字に関連したものを食べるという風習の前から、土用に食べられていたものだとか。

 

■土用卵

土用の時期に産み落とされた卵をこう呼ぶのだとか。 かなり栄養価の高い食品として、卵は夏バテに最適!

 

 

 

鰻を使った夏バテ防止の簡単レシピ

『簡単!だし巻卵(う巻き)』

00002662

・材料

卵:2個 ほんだし(顆粒):小さじ1/2 水:大さじ1 鰻:適量

 

・手順

1、卵、ほんだし、水をよく混ぜ 卵焼き器に油を少し塗って 卵液を少し入れ鰻を一列に載せます 焼けたら巻いて端に寄せます。

2、また少し卵液を加え、巻いた卵の下にも少し持ち上げて卵液を入れます。 焼けたらまた巻いて完成。

 

 

『うざく』

土用4

・材料(4人分)

鰻の蒲焼:一尾 きゅうり:3本 すし酢:50cc~ 白いりゴマ:大さじ1

 

・手順

1、きゅうりは片側に細かく、切断しない程度に深く切り込みを入れる。 まな板の上に割り箸を置くといいです。

2、きゅうりを反対に裏返して、今度は斜めに切り込みを入れていく。 食べやすい大きさの乱切りにする。

3、鰻の蒲焼についているタレの塊を綺麗に水で洗い流し、水気をふいて、酒をふって軽く焼き、食べやすい大きさに切っておく。

4、2と3をすし酢で和えて、器に盛って白いりゴマを散らす。出来上がり。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もあわせていかがでしょうか?

お台場新大陸2015!入場料、アクセスや混雑状況は?

スポンサーリンク