POSTER 再々校OUT2014年4月1日ロードショーの「サンブンノイチ」。 品川ヒロシ監督の3部作目の初の他人の原作を元にした映画。
原作は最後までシュウ・コジ・健さんの3人の予想外の言動に驚き続けました。どこまで計画した内容でどこが予想外のことなのか二転三転していく内容。
「騙しあい」していく3人が映画でどう緊迫した空気を表現していくのかとても楽しみです。

Sponsored Link

原作は借金に困ったシュウ、コジ、健さんの3人主要人物。
シュウの仕切りにより銀行強盗を計画し実行。
実行のあとはハニーバニーで一時身を隠す・・。
しかしそれは茉莉亜が計画した内容・・・。と思いきや本当の黒幕はキャバクラハニーバニーオーナーの破魔だった。
そして、銀行強盗計画を全て知っていた闇の世界の女王こと「川崎の魔女」と呼ばれる渋柿多見子が姿を現す。

1.まずは主要なキャスト登場人物

Wikipediaより一部引用

清原修造(シュウ)
シュウ
藤原竜也。

ギャンブルが好きからくる借金苦。いわゆる負け組。
雇われ店長という理想と現実のかけ離れすぎた今に毎日絶望。
とても小心者であるが、頭はキレる。
デスノートやカイジなど一発逆転となる男を演じるのはピッタリのハマり役。

小島一徳(コジ)
無題
田中聖。
元暴走族の特攻隊長。 長髪で、驚くほど白い前歯4本は全て差し歯。 陽気で愛想が良いが、飛び抜けてバカ。
シュウに対しては心を開き実の兄のように慕っている。
型にハマっていないという部分は田中さんと合っており自然にイメージができる。

金森健(健さん)
けん
小杉竜一(ブラックマヨネーズ。
お金に汚いデブの常連客。キャバ嬢たちからも嫌われていてズル賢いがビジネスとなる豹変。
異常なまでの説得力に長けている。

茉莉亜
えりあ
中島美嘉。
容姿端麗で頭が良く 金髪のショートカット。
某有名ミュージカル劇団の元女優。 ニューヨーク・ブロードウェイを目指すためにキャバクラで働いている。

破魔翔
破魔
窪塚洋介。
「ハニーバニー」のオーナー。外見も性格も凶悪。
IWGPを思い出させる異常な人の役柄。原作とのイメージ通り。

渋柿多見子
しんのすけ
池畑慎之介。
「川崎の魔女」と呼ばれる女性。
70歳を超えている女性と思えない力と豪快さを持ち、素性や金額の多寡を問わず保証人なしで金を貸してくれるが、どんなに非道な手を使ってでも取り返す。まさに狂人。

Sponsored Link

その他個性あるキャスト
元キャバ嬢のSM嬢 – 壇蜜
尾形 – 赤羽健一(ジューシーズ)
渋柿ボディーガード – レイザーラモンHG、増田修一朗
劇団の“変態”演出家 – ぼんちおさむ(ザ・ぼんち)
“ハニーバニー”元店長 – 河本準一(次長課長)
“ハニーバニー”チンピラ客 – 松田大輔(東京ダイナマイト)
マリアン – 海原ともこ(海原やすよ・ともこ)
『踊る海岸線』ホモ男優 – 庄司智春(品川庄司)、ワッキー(ペナルティ)、YASU-CHIN 競馬場の男 – ケン(水玉れっぷう隊) 若槻 – 木村了 哀川翔 – 哀川翔(特別出演)

2.ネタバレ
 ・シュウが銀行強盗を計画したのはなぜ?
シュウは川崎の仲見世通りにあるキャバクラ「ハニーバニー」の雇われ店長。
お金に困っていたのは事実であるが銀行強盗までする必要はなかった。
きっかけはシュウが勤務するハニーバニーの店の売上金400万を競馬場でなくしてしまったから。
でも、本当になくしたのか?
その日に限って茉莉亜と競馬場近くで遭遇。
そこで銀行強盗計画をしているから、協力してほしいと絶妙のタイミング。
計画したのはシュウではなく茉莉亜が持ち掛けた。

・なぜ茉莉亜は計画?
茉莉亜は何気なく女子トイレの用具入れを動かした。
すると小型カメラを発見してしまった。
それは他にもいくつも設置。
まさかそれをキャバクラオーナーである破魔が設置しているとも気づかず報告。
破魔は「月5000万のビジネスの邪魔をした」とそのまま5000万を脅迫された。茉莉亜は急いでそのお金を準備しなければならなくなった。

・コジと健さんはなんで協力したの?
二人もカネに困っていた。銀行強盗についてもはじめは当然驚いたがシュウのリスクは高いが綿密な計画に揺れ賛同する形となる。
コジは、大のギャンブル好きで多額の借金を抱えていた。
健さんも経営する数十店舗の焼肉店が火の車。破産寸前だった。

・破魔ってどんな人?
この男が黒幕。
原作では、すごくゴツくものすごい狂っているイメージ。
とにかく怖い。
この人の前では一部の人間を除いては絶対に逆らえない。

・渋柿多見子はヤバイ!?
破魔に逆らえると唯一の人物といえばこの渋柿多見子しかいない。
「美味ってわかるかい?」
の言葉が指す意味は、ここでは書ける内容ではない。
発言や実際の行動が普通の人では思い付かないことをする凶悪人物。
渋柿多見子が銀行強盗計画を全て知っていることで急展開していく。

・実行後でのハニバニーでのやりとり
シュウ、コジ、健さんはハニーバニーで一時身を隠すことになる。
しかしここは常に破魔による小型カメラにより監視されていた。
それをシュウは知っていた!?
ここで展開されているやりとりはウソなのか計画通りのことなのか。

3.まとめ

キーワードは原作に何度か出てくる 「目に映るものが真実とは限らない。見えているからといって安心していたら、痛い目に遭うのがオチだ。」 という言葉。
3人は常に監視されながら現行強盗の後ハニバニーに集められそこは何台ものカメラで監視されている状況。
その中で繰り広げられる場面。
この言葉の持つ本当意味は!?

Sponsored Link