最近というか少し前からアクセスインターネットやアクセスインターネットプラス という単語を耳にするようになったんですが、全く意味わからんWww

ということで、比較をまとめてみました!

Sponsored Link

アクセスインターネットとは?

 

アクセスインターネットとは、ソフトバンクが提供していた3G携帯電話やデータ通信カードに向けた通信サービスのこと。

 

簡単に言うと、携帯端末とパソコンを接続して、携帯端末をインターネットモデムとして使用するというもの

 

利点はISPと契約せずに、最大64kbpsのデータ通信ができるというもの。 パケットではなく、接続した時間で通信料が発生するという方式。 こちらは2012年に正式終了しており、現在は行っていない。

 

ただ、同じサービスのパケット通信方式の方はまだ提供中とのこと。

ソフトバンク1

 

 

 

アクセスインターネットプラスとは?

 

 

こちらもソフトバンクが提供しているデータ通信のサービス。

 

ただし、これは他社が販売する機種をソフトバンクモバイルで利用するためのサービスである。 簡単にいうとソフトバンクの3G用、スマートフォン向けUSIMカード単体で利用できる通信サービス。

 

 

このアクセスインターネットプラスに加入しないまま、そのUSIMカードを使った携帯端末でネットへ繋ぐと、通信料が高額なってしまう。

 

 

 

どんな時に発生する?

 

アクセスインターネット(無印)は、上記したように、携帯端末を通して、パソコンやゲーム機、などの別端末でインターネットをした時に発生するサービス。

 

 

これはソフトバンクの商品サービスなので、この会社だけのもの。 アクセスプラスは、また別のサービスで、ソフトバンクのUSIMカードを他社の端末で使用してインターネットに接続するときに発生するサービス。

 

 

Sponsored Link

ソフトバンク2

 

これがUSIMカード。

店頭で購入時に、機種の導入してくれるアレです!

 

 

 

料金は?

 

アクセスインターネット(無印)の料金は、加入したパケット通信サービスに準じます。

 

 

パケット定額、ホワイトプラン、ゴールドプランなどのプランによって各種料金が違ってくるので、使用目的に応じてよく見極めて加入しましょう。

 

 

アクセスインターネットプラスは、基本的に対応したUSIMカードの通信サービスの料金に準じます。

 

 

パケット定額サービス、スマ放題などに加入しておく必要があり、尚且つソフトバンクモバイルとの回線と契約する必要! ソフトバンクモバイル加入には、新規加入事務手数料として3000円掛かかります。

 

 

また、アクセスインターネットプラスの設定を正しく行わない状態でネット接続すると、 上記のパケット定額サービスなどが適応されなくなるので、要注意。

 

最近の高品質音声のボルテについての

記事も書いていますので併せてどうぞ!

 

 

 

おしまいでーす!

Sponsored Link