第3弾のエヴァスマホはダサいのか?過去との比較まとめ


第3弾のエヴァスマホについて「コレ・・・なんか違くない?」
とファンからは疑問符。11月2日よりセブンイレブンで購入になったエヴァスマホなんですが批判が声が多いですね。

エヴァンゲリオンには、かなり濃く熱狂的なファンが多く、このエヴァスマホについても初代から2台持ちして1台は飾っている
なんて珍しいことではないんです。

ドコモから発売された第2弾からおよそ3年、待ちに待ったファンにしてみれば「こんだけ待ってこれかよ。。」という声。
その原因ともなったのがデザインのダサさ
早速、このエヴァスマホについて見ていってみましょう!

エヴァスマホのダサいの評判

第3弾エヴァスマホ

ファンにとっては、このデザインやこれを作った制作側への不満が多いですね。

第2弾まではエヴァに対する本気さを感じたけど、今回は万人ウケを狙った、みんなが知っているというようなものを入れすぎているとの意見もありました。

コアなファンには、どこにお金をかけたんだと。
中身やスペックなんてどうでもいいから、あの世界観を再現してほしかったという意見が多かったように思いますね。

一方で


とケースについては評価が一定数アリです!

 

ちなみに前回は

など、第一弾がガラケーであったことにより第二弾のスマホへの切り替えユーザーを狙い、魅力的なデザインにより大半がスマホへの切り替えを行ったようです!(^^)!

 

 

スペックやダサさはデザイン

まずは画像です。

 

初代
エヴァ初代ー1

第2弾

エヴァスマホ2012-1

エヴァスマホ2012-2

第3弾(今回)

evasumaho

やはり第3段目たしかに、「なんか違う」という感覚がわかってきますね。

 

スペック比較

 初代(ガラケー)第二弾(スマホ)第三弾(スマホ)
キャリアドコモ(SH-06A NERV)ドコモ(SH-06D-NERV)SIMフリー(SH-M02-EVA20)
サイズ高さ 約 111mm×幅 約 50mm×厚さ 約 16.0mm128mm×66mm×11.8mm(最厚部約12.2mm)高さ約134mm×幅約71mm×厚さ約10.0mm
重さ約 135g重さは約145g約146g
OSOSはAndroid 2.3Android 5.0
カメラ約 1000万画素/約 43万画素約800万画素背面:1,310万画素、前面:210万画素
CPUTexas Instruments OMAP4460 1.2GHz(デュアルコア)MSM8926(クアッドコア、1.2GHz)
通信3G/2GLTE(B1/B3/B19/B21)、W-CDMA(B1/B6/B19)、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)
価格94,290円(税込)101540円84240円(税込)

簡易な比較ですが、スペックについては特別にどこかが優れているというような部分はなく、やはり購入ユーザーは エヴァの世界観やストーリー、デザインに惹かれて購入されるということですね。 限定30000台です。。売れるのでしょうか。

 

 

SIMフリーとは

一応SIMフリーに簡単に解説です♪ 最近SIMフリーという言葉をよく耳にされるかと思います。簡単に言いますとSIMフリーとは、通信会社(ドコモやAU、ソフトバンク) に関係なく利用できる端末のこと。

つまり、端末だけ買ってSIM(回線)だけ通信キャリアで契約するといういま主流になりつつあるスタイル。 MVNOという回線のみを通信キャリアから借りて、自らのサービスをその回線に乗せて提供するという事業が大きくなってきました。

 

今は格安スマホを買って、SIM(回線)のみ通信キャリアから契約することでコストメリットを図るんですが、このエヴァスマホは 逆行している形になりますね!

話それましたがまとめです!

 

 

まとめ

・今回の第3弾のエヴァスマホは酷評が多い。

・デザインに世界観やストーリー性が感じられない。スペックをエヴァスマホファンは求めていない。

・第2弾までのエヴァスマホはファンの心を掴んでいた。

 

という結論となりますね。 エヴァンゲリオンへの期待はかなり大きく、今回のデザインは発表は失敗と言わざるを得ない気がします。 とはいうものの、実際に予約開始になり予約は順調のようです。

しかし、30000台規模はなかなかのヒット商品でないと達成できないレベルです。 次の第4弾はいつになるのでしょうか。その時には、デザインについて今より厳しい意見がまた出るのでしょうね!乞うご期待です!!

スポンサーリンク