photo日本代表のDF今野選手は、岡田監督に日本代表で雇用されたことから今やセンターバックに定着。
今ちゃんの愛称でもチームメイトから親しまれています。コンちゃんの魅力を4つを彼の発言を元にお伝えしていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

「やっぱり、監督にはプレーの特徴で見てもらいたいですよ。ボールを奪うことと、カバーリングをそつなくこなすこと。地味だけど、責任をもってそれをこなすことが僕の“売り”」
o045003061316847894986

今野選手は日本代表で務めているセンターバックのイメージが強いですよね。
センターバックは『守備』がメイン。

守る=DFは、通常身長がありフィジカルが強い選手が起用となることがほとんど。
敵のFWは足が速く競り合いにも強い背の高い選手が多いからです。
そこに身長173cmの今野選手が起用されるということは、それ以外の「読み」「ボールへの嗅覚」がズバ抜けているため。

今野は小学校1年生からサッカーを続けてきたが、トントン拍子ではない。
高校はサッカー名門校の東北高等学校。
ここにもスポーツ推薦で入った訳ではなく一般入学。

そこで人一倍の練習量と自主トレを続けレギュラー獲得。
ユース代表、トレセンなどの合宿にも参加。

プロ入りかと思われましたが、高校卒業後プロからオファーはかからず地元のソニー仙台へ内定。

ここでコンサドーレ札幌の練習に参加する機会を得ました。
そこでボールに対する反応の早さとカバーリングを岡田監督に認められプロ入り。
「ユーティリティーがあって貴重な選手」として代表戦でも積極的に起用となるまでになりました。

ザッケローニ監督も、今野を積極起用。
「そのためセンターバックには背後のスペースに対するリスクマネジメント、走り負けないスピード、人に対する強さ、カバーリング能力が求められる。今野はその条件をすべて満たしている。」の高い評価。

Sponsored Link

「もう慣れちゃって快感になってきました(笑)。年齢が上がっても扱われ方は変わらないし、若手でもイジってくるヤツがいるんです。」

今野選手は、闘莉王選手の「集まれ~」を記者会見で披露し爆笑をとったことは記憶にも新しいですね。
無題

雰囲気、ムードメイクとしてはとてもチームとして重要なポイント。

「いや、妻に対しては頑固じゃないですね。亭主関白みたいなことは全くありません(笑)。昔からそうです。女性に対しては絶対に優しくするタイプ」

奥様は有名な元同社モデルの美人妻。
広川恭子さん。CamCamのなどにも出ていました。
こんな方です。

妻

「たくさんの人の協力があって、はじめて実現できたわけですから周囲の支えにとても感謝しています。」

今野選手は、チャリティ活動にも積極的に取り組んでいます。
毎年夏にも「今野カップ」スポンサーともなり「世界の子どもにワクチンを」の活動主旨のもと開催。

きっかけは、ケガ

ベンチで試合を観戦していると、サポーター、警備員、売店の販売員、全ての人たちがいるから自分がサッカーをできている
ということに改めて気づいたようです。
その方たちに恩返しがしたい、社会貢献がしたいという思いから
国内公式戦に1分でも出場したらワクチンを提供するというチャリティー活動を行っています。

「500本/1試合出場」

無理のない数字で長く続けていきたいという意味合い。”1本で1人の子供が助けられる。 その子たちのために試合に出続ける”と非常に前向きに取り組んでいます。

(世界のプレイヤーでも有名な方はブラジルではロベルト・カルロス選手。
彼は、ブラジルの身寄りの無い沢山の子供達を引き取っては自分の子供として大切に育ててます。)

4つの魅力はいかがでしたでしょうか。
ワールドカップも近いですのでみなさんで応援しましょう!!

Sponsored Link