何となく世の中全体がセカセカ・ギスギスした感がありますよね。 現代はストレス社会といわれ、私達はそういう中に身を置かざるを得ません。 女性はやはり大変です。 職場での仕事や人間関係、家庭での家事や育児などで、ストレスを感じない方が不思議です。  しかしながらストレスをため込んだままにしておくと、

育児ノイローゼの兆候・解消法4つ

イライラ感が高じて肉体的・精神的に悪影響が出てしまうのです。

Sponsored Link

肉体的差異とは別に女性と男性では脳の機能の違いから、人間ってストレスの感じ方が違うものです。 したがって男女で自ずと解消法も違ってくるのです。

 

 

女性のストレスの発散

・解消方法を紹介しましょう♪

 

女性がストレスをためてしまう要因

職場でためてしまうストレス

仕事の内容
 これが最も多く、所定時間内に終らないハードな仕事、能力を超えた仕事内容は ストレスをためます。

職場での人間関係
上司の仕事への不明確な指示、同僚とのチームワークの無さ・いやがらせはストレスになります。

仕事量と収入とのアンバランス
仕事がハードな割に収入が伴わないと、他人と比較しがちでストレスをため込みます。 2)自身の健康が原因となるストレス。

更年期障害
40代後半~50代前半にかけての女性ホルモン減少による、ほてり・のぼせ・などの 体調不良による不安・いら立ち・あせりなどの感情の乱れがストレスになります。   

家事・育児からくるストレス  
家計収入が伸びない中での経済的やりくりの大変さ、三度の食事、母親に集中しがちな 子育てや子供の教育。

いずれも家族の要(かなめ)となる主婦の役割になっており、大きなストレスが かかっています。

Sponsored Link

 

 

ストレスの上手な発散方法

 

ストレスのない生活などあり得ません。  『適度なストレスはむしろ人間とって必要』というお医者さんもいるほどです。


大切なのはストレスをため込まないで、上手に発散させることです。 発散方法は、本人の好みもありますので、これが絶対ということはありません。 以下にストレス発散方法を列挙します。 色々試みて、自分に合った発散方法をいくつかピックアップして、 生活の中に取り込んでいくことをお勧めします。

脳内ホルモンの分泌を促し、リラックス感を抱きストレス発散

 

軽い運動やお風呂にゆっくりつかり体を温める
軽い運動だと20分程度、熱くないお風呂にゆっくりのぼせない程度につかります。 どちらも体が温まり、脳からリラックス効果のあるβエンドルフィン・セレトニンの分泌を 促します。   また入浴時、半身浴で長時間入浴やアロマを使うのも効果的です。

 

脳に休養を与える十分な睡眠  
慢性的な睡眠不足はストレスをためこむ最大の原因: 睡眠不足が高じると精神疾病を発症することに繋がります。

 

ゆっくりとした呼吸法で脳をからっぽに!  
座禅を組み腹式呼吸と共に「無の境地」に: 禅の高僧は邪念(一種のストレスです)を、座禅を組んで晴らしなさいと説教します。またヨガの各種呼吸法も余分なことを考える暇を与えないので脳を空っぽにできます。   

 

その他、「非日常行動」はストレス発散に効果的  
音楽を聴くこと、好きな本・漫画を読むこと、映画を見る、心を許す友達との会話、美容院に行く、好きなコーヒーショップに行くなどなど日常生活とは違う行動で、今迄自分が癒されたと感じる行動を想いだし、一つでも多く実行します。                                 

 

Sponsored Link