バナナを使ったアートをする職人がいると今話題急上昇中。
その職人とは、山田恵輔さん。
プロフィールや作り方、動機などまとめてみました!

Sponsored Link

プロフィール
yamad

名前:山田恵輔
生年月日:1987年5月25日
職業:サラリーマン!?
住まい:滋賀県
好きなもの:banana

バナナART動機

仲良しだった友人がおり、休日はいつもその友人とつるんでいた。
ある日ケンカをしてしまい絶好状態。
そこから連絡もとらなくなってしまったという。

それにより休日にすることが何もなくなってしまった。
そんな時部屋デファーに座っているとふとテーブルの上にあるバナナが目に入る。
「これでなんか作ったらおもしろいんじゃないか!?」
と思ったことがきっかけ。

それをネット上にアップしたところ大反響となり現在のような数多くのものを作るきっかけ・動機となったとのこと。

かこよすぎます。発想が斬新!!

作り方

非常にシンプル。

①用意するのは、爪楊枝とグレープフルーツ用の先のとがった平たいスプーン
tsuma1

Sponsored Link

gure-pusupun
②彫っては食べ、彫っては食べの繰り返し

③これで完成

この彫っては食べるということですが、元々絵を描いていてそのセンスや技術は高いようです。
一般の人からするとこの部分が市場大事なんですけどね。

完成後は必ず食べきるようです。

食べきらないと次の作品にと取り掛からないとのことなので1日の大量生産はできない。
芸術品を食べてしまうんですから贅沢なことですよね。

なんといいても手先の器用さが尋常じゃない

ダースベーダーなんて素晴しすぎます。
5

他にも馬
6

笑っている人?もおもしろいです。
3

起こっている人?もますね。
4

今や海外メディアも注目しており、海外から日本に逆輸入みたいな形で話題となっておりますWw

今後、本を出版することが目標のようなのでメディア露出あるかもしれませんね!

Sponsored Link